'20年1月に映画で共演した東出昌大と不倫報道が報じられ、芸能活動をセーブしていた唐田えりか。そんな彼女が本格復帰を果たしそうだ。

「'20年4月に公開予定だった主演映画『血ぃともだち』が、2月5日に一夜限りですが公開されます。血を抜かれることに快楽を見いだす『献血部』の女子高校生4人が、人間を襲えない吸血鬼の少女を自分たちの血で養う……という異色コメディーです」(スポーツ紙記者)

 アニメーション映画『攻殻機動隊』や『機動警察パトレイバー』などで知られる鬼才・押井守がメガホンを取った同作。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、公開が4度延期に。一時はお蔵入りの危機に陥っていた。

不倫報道が公開を延期させたか

唐田えりかの主演映画『血ぃともだち』

唐田さん含め、女子高生役はオーディションとワークショップを経て選出。低予算の実験的作品とあり、知名度や演技力ではなく、出演者とうまく関係性を築けそうかどうかがキャスティングの決め手になったそうです。公開の見通しが立たなかったのは、唐田さんの不倫報道の影響もあったのではと噂されています」(映画ライター)

 報道前に撮影されたものだけでなく、今年は新作の出演映画の公開も控えている。

「『未完成映画予告編大賞』のグランプリ作品を映画化した『死体の人(仮)』で、主人公に影響を与えるデリヘル嬢役を演じるそうです。昨年10月に茨城県内で撮影が行われ、年内公開予定で調整中です」(配給会社関係者)

 本格復帰に向けて始動した彼女に追い風が吹いていると、前出の映画ライターは語る。

東出さんと出会うきっかけになった映画『寝ても覚めても』を撮った濱口竜介監督の最新作で、村上春樹さん原作の映画『ドライブ・マイ・カー』が、国内外の映画賞を総なめ。日本映画初の米アカデミー賞ノミネートも有力視されています。『寝ても覚めても』は世界20か国で公開されるなど、もともと海外での評価は高かったのですが、今回の“ハルキ映画”のヒットで再評価。唐田さんにも再び注目が集まっています

 また、事実上の解雇で1月末に独立すると報じられた東出と反対に、業界での唐田の評判は悪くないようだ。

唐田さんの所属事務所は報道後、社会のルールを学ばせるため、'20年いっぱいは事務作業など裏方の仕事をさせていました。彼女も猛省し、再出発に向けて襟を正して過ごしてきた。濱口監督や押井監督のお眼鏡にかなうほどですし、彼女に期待している業界関係者は多いですよ」(テレビ局関係者)

 映画『血ぃともだち』を製作した会社に、唐田を起用した理由や、公開が4度見送りになった理由について問い合わせたが、

「製作委員会を組成する各社や宣伝を委託している会社など、多くの企業による合議制にて方針を定めているため、作品・キャストに関するお問い合わせは、弊社の一存でお答えすることができません」

 映画監督たちが認めた才能で、不倫のイメージを払拭し、完全復帰となるか!?