「わかるかなぁ、わっかんねぇだろうなぁ〜」のセリフで知られた、漫談家の松鶴家千とせさんが2月17日、心不全で亡くなった。享年84。1月28日に風邪をこじらせて入院後、一時は仕事の話ができるまでに回復したものの、容体が急変。そのまま帰らぬ人となったという。

 実は、週刊女性PRIMEで昨年11月に紹介後、ネット上で話題騒然となった歌手・恵中瞳さんは、千とせ師匠の“最後の弟子”だった。しかも、1月26日に千とせ師匠とのデュエットのシングルCDをリリースしたばかり。2月27日には、浅草・木馬亭にてCD発売後初のお披露目デュエットを予定していたものの、1月16日の木馬亭公演が最後の共演となってしまった。

1月26日に千とせ師匠とのデュエットのシングルCDをリリースしたばかりだった

「あまりにも急すぎて、心の整理がまったくつきません」と語る恵中さん。『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の2月21日深夜放送回にも出演する彼女に、師匠との思い出を聞いた――。

 ◆ ◆ ◆

君の経験をもとに歌を作るから

千とせ師匠と初めてお会いしたのは、7年ほど前のこと。師匠がパーソナリティをしていらしたインターネット番組に出演させていただいたのがきっかけです。2回ほど出演させていただきました。その後、今から3年ほど前にお仕事で再会したのですが、師匠は当時のことを全く覚えていらっしゃいませんでした」(恵中さん・以下同)

 7年前の恵中さんは、歌手デビューしたばかり。まだ、自分の“売り”に気づいていないころでもあった。

私のことをすっかり忘れていらした師匠は、非常に恐縮されていました。改めて私が作詞・作曲した当時の新曲『銀座であんぱん 渋谷でピンポン』(2019)を聞いてもらったら、“君は本当に歌がうまいね”ととても気に入ってくださって、私の曲をプロデュースしたいとおっしゃってくださったんです

漫談家の松鶴家千とせさんと恵中瞳さんのツーショット

 こうしてできあがったのが、『ふるさとのお母さん』(2021)だ。

「師匠と再会したころの私は、ちょうど、ネットの誹謗中傷に悩まされていました。ついには声がうまく出せなくなってしまったんです。事務所の社長のサポートもあり、なんとかライブの舞台に立てるようになったものの、心は不安定なまま。

 そんなとき、師匠が『君の経験を元に歌を作るから』とおっしゃってくださり、師匠に生い立ちを聞いていただきました。

 師匠は私が話す私の母のエピソードに興味を持ってくれて、私の声が出なくなったときにとても励ましてくれたことや、成人式の振り袖を自分で縫ってくれたことなどを織り込んで、詞を作ってくださいました。できあがった曲を、母が喜んでくれたことが、なにより嬉しかったですね。母は以前から、千とせ師匠のファンだったので