「大河ドラマで武将を演じるのは、目標のひとつでした。『鎌倉殿の13人』のオファーには“来たか!”と」

 竹財輝之助の大河出演は『篤姫』( '08年)で有栖川宮熾仁親王を演じて以来14年ぶり。

「そんなにたつのか。大河で自分を武将として見てくれる人はいないだろうなぁと半ば諦めていた時期でもあって。今までに、大河のオーディションは何回も行ってますから。本当にうれしかったです」

大河で馬を扱う役が来た時のために

 演じているのは、伊東祐清。“爺様”こと伊東祐親(浅野和之)の息子であり、八重(新垣結衣)の兄、平家側の豪族だ。石橋山の戦いで撃破したはずの源頼朝(大泉洋)&北条義時(小栗旬)らが勢力を盛り返し、坂東地方を制圧すると伊東家は一転、苦しい立場に……。

伊東祐清だと最初に聞いたときは“誰?”って思いました(笑)。三谷さんが描く祐清は武将とはいえ戦を好まず、家族思いで、妹のことが大好き。“この時代にこんなやさしい人、いたのかな?”と思うような人物ですね

 弓を射るシーンでは、逞しい上半身を披露していたが、

40代の色気漂う竹財輝之助(41) 撮影/佐藤靖彦

サービスシーン? いやいや、あれは正しい所作で、僕だから脱がされてるわけじゃないですよ(笑)

 それは失礼! 甲冑に身を包んで馬に乗るシーンなどは大変だったと振り返る。

乗馬を始めたのは25歳くらい。いつか大河で馬を扱う役が来たときのために。それに“俳優だったら馬くらい乗れないと恥ずかしいよ”とも言われて。今回、10年ぶりぐらいに乗ったんですが、久しぶりだと馬が言うことを聞いてくれなくて」

 源氏と平家が散らす火花は激しさを増すばかりだが、今後の見どころは?

そうですね。僕としては落ちぶれていく伊東家の行く末を、みなさんに見守ってもらいたいなと思います