デビュー50周年を迎えた西城秀樹さん。ヒデキ還暦! から3年後の2018年、惜しくまれつつも天に召されたが、その歌声は今も愛され続けている。秀樹さんと親交の深かった2人が魅力をとことん語り尽くします!

コロッケ 秀樹さんには僕のデビュー直後からずっと可愛がっていただきました。一緒に飲んだり、コンサートを見せていただいたり。プライベートではお正月のパーティーにも呼んでいただきました。

笠井 私はフジテレビの『となりのパパイヤ』という番組で半年間ご一緒させていただいてからのご縁です。取材でもお世話になりましたし、秀樹さんがご結婚されてからは、お互いの家族でよく食事をさせていただきました。

コロッケ 僕は初めて食事をさせていただいたのが、夜遅い時間だったんです。新宿のバーで飲んでたら「飯、行く?」って言われて。行ったお店が『餃子の王将』でした。

笠井 ええー。そんな庶民的なところ!?

西城秀樹さんのスゴさについて語るコロッケと笠井信輔(撮影・和田浩)

コロッケ はい(笑)。で、ビールを飲みながら、「コロッケもこれから芸能界でいろいろあると思うけど頑張れよ。もし売れても、調子に乗ったりしちゃダメだよ」と言葉をかけてくださって本当に感激しました。

笠井 私も番組の終わりに突然誘っていただいて、マネージャーさん抜きで2人で六本木のバーに行ったのが最初でした。当時自分は31歳だったので、心の中で「西城秀樹と飲んでるよ、俺!」って。

コロッケ わかります。すげぇわかります。大スターなのに、ぜんぜん気取ったところがない。親分肌で、面倒見のいい方ですよね。

テレビを武器に成功していったアイドル

笠井 今年はデビュー50周年でさまざまなイベントや特集番組が組まれて、秀樹さんを思い出す機会も多い。必然的に「昭和」を生きてきた私とコロッケさんは笑顔になるわけですよね。

コロッケ 秀樹さんたち「新御三家」が出てきた時代って、グループサウンズのブームが終わって次に誰が日本を揺るがす大ヒットを飛ばすんだろうって、みんなが模索していた時期だったと思うんです。秀樹さんたちが完全に芸能界の流れを変えました。

笠井 私たちはまさに芸能界の「地殻変動」を目撃したんですよね。

コロッケ 昔の芸能界は、石原裕次郎さん、小林旭さんなど映画の世界から登場した方がスターでした。でも、新御三家はテレビを武器に成功していったアイドル。しかも今はグループばかりですが、当時はみんな1人なんですよ。長年にわたってずっと活躍されて、たった1人で伝説化するからすごい。

笠井 新御三家で最初に世に出たのは野口五郎さんでしたが、デビュー曲の『博多みれん』は演歌で。秀樹さんも『恋する季節』のころはまだ普通の歌謡曲。それが3曲目の『チャンスは一度』がヒットして一気にワイルドな方向に行った。ファーストアルバムのタイトルは『ワイルドな17才』ですよ! 

コロッケ 秀樹さんは動きから声からすべてがパワフル。『傷だらけのローラ』の絶叫とか『ジャガー』とか。あんなセリフ(抱いてやる〜)、今のアイドルがやったら誰も相手にしてくれない(笑)。

笠井 『薔薇の鎖』から始まるスタンドマイクや『激しい恋』の振り付けとか、秀樹さんじゃなかったら、当時あのアクションをみんなカッコいいと思ったり、まねしたりしなかったかもしれません。