「この“おかしな家”には、ほかにも不審なことがいくつもあってね。もっととんでもない事件になるんじゃないかと思っているんですよ」(近隣住民)

 3月5日、埼玉県本庄市にある“おかしな家”の床下から柿本歩夢くん(5)の遺体を発見された。

 埼玉県警捜査一課と本庄署は、母親で契約社員の柿本知香容疑者(30)と、同居していた無職・丹羽洋樹容疑者(34)、その内縁の妻で無職の石井陽子容疑者(54)の3人を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 容疑者らは「3人で穴を掘って埋めた」と容疑を認めているという。

“おかしな家”に集まる異様な人たち

 およそ12年前、月の家賃4万円の借家にはある男女が住んでいた。

「当時、70歳ぐらいのAさんという男性と、同い年で内縁関係にあるB子さんという女性が住んでいた。Aさんは“彼女は身体が弱いので誰かが面倒みてあげなきゃいけない。だからオレは一緒に住んでいる”と言っていました。でも、住み始めてすぐに“オレも歳だからひとりで面倒見るのは厳しいから若い人を呼ぶ”と漏らしていた」(冒頭の近隣住民)

 そこで加わったのは、 B子さんの息子で当時40歳前後だったCさんと、その妻。この妻こそが石井陽子容疑者で、Aさんの娘だという。

「彼らが言っていたことだから本当なのかはわかんないけどね。ただ陽子さんはヘルパーをしていたことがあったようだから、B子さんの介護には適していた。でも、当時から誰も働いていないの。年寄り2人は年金があったにしても、若い2人も無職だった」(同・住民)

 さらには、別の住民からはこんな話も。

「実はB子さんはとんでもない資産家だったから、みんな働いてなかったんじゃないかな。Aさんはその金を狙って、内縁関係を結んでいたという噂も出たよ」