安子、るい、ひなたとバトンをつないできたNHKの連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』もいよいよ佳境へ。恋愛、結婚、出産、別れ……といろいろありました。そんな3世代のヒロインたちのこれまでを、笑顔と涙の名セリフとともにプレーバック!

【安子編】

第1週

「メイ アイ ライト ア レター トゥ ユー?」


 稔(松村北斗)との出会いでラジオ英語講座に夢中になると同時に、恋心を抱くようになった安子(上白石萌音)。そんな稔が夏休みを終えて大阪の大学に戻ることを知った安子が、“手紙を書いていい?”と英語で思い切って告白。2人はここから急接近していった

第2週

「わし今年が最後の夏なんじゃ。諦めん、甲子園も……あんこも!」


 稔が安子の両親に交際を認めてもらおうとするも、許してもらえなかったことを知った勇(村上虹郎)。すると、稔とキャッチボールをしながら、自分も安子が好きと宣戦布告ともいえる決意の言葉を

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』NHK総合月曜~土曜朝8時~ほか

第3週

「どこの国の音楽でも、自由に聴ける。自由に演奏できる。僕らの子どもには、そんな世界を生きてほしい。ひなたの道を歩いてほしい」

 稔の出征を前に両家から結婚を認められた安子。出征後生まれた子どもに稔が、2人の思い出の曲『オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート』を演奏するルイ・アームストロングから“るい”と名づけた。その名前に込めた思いを、安子はこの稔の言葉から知る

第4週

「稔さん、意地悪せんで帰ってきて。……稔さん!」


 稔が戦地から帰るのを待つ安子の元に、戦死したとの知らせが。ショックでフラつきながら2人の思い出の神社に向かい、こう泣き叫ぶ安子の姿は、涙なしでは見られない悲痛なシーンに

第7週

「カムカム英語が終わったんです。何か心の支えを失うたようで、どねんしょう思いよったんですけど……。こねんして、英語の道は続いていくんですね」


 るい(古川凛)との幸せの時間だったラジオの『カムカム英語』が終わり寂しさを募らせていた安子。そんな中、偶然知り合ったアメリカ軍人のロバート(村雨辰剛)から、英語教室のテキスト作りに協力してほしいとお願いされ、安子は笑顔でこう快諾。これをきっかけに2人の仲は深まっていく

第8週

「一緒に暮らせらなんでもええ。るいのそばにおりてえ。るいは私の命なんです」

 失踪した兄の算太(濱田岳)を探し続け倒れた安子を介抱したロバート。その際に、母国に帰るから一緒に来てほしいと抱きしめながら告白するも安子はこう返答。しかし、ガラス戸越しにこれを見たるいは、さまざまな誤解が重なったこともあり“二度と会いとうねぇ、I hate you”と拒絶。絶望した安子はロバートと旅立つことに