《行ってきました!! 牛宮城!!》

 3月2日、自身のS N Sで先輩である宮迫博之がオープンした焼肉店『牛宮城』を訪れたことを報告したお笑いコンビ・響の長友光弘。

昨年末にラーメン店が閉店

「セーラー服を着た長友さんの“ミツコ”のキャラで人気を博したコンビです。キレ気味に放つ“どうもすいませんでした!”の決めゼリフはネタ番組でも好評を得て、一躍ブレイク芸人の仲間入りを果たしましたね」(テレビ誌ライター)

 強烈な個性で注目を集めたものの、お笑い界の序列争いは生半可なものではない。長友は未来を見据えて、早くから“副業”への挑戦に取りかかっていた。

「'14年に出身地の宮崎県でラーメン店『暖暮(だんぼ)』のフランチャイズ店をオープンし、翌年には年商5,800万円を売り上げるなど、飲食店オーナーとしても成功を収めました。その経営手腕は、テレビ番組で“ホリエモン”こと堀江貴文さんも認めていたほどです。彼とラーメン店を繋いだのは、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さんだと聞きますよ」(芸能プロ関係者)

 本業に引けを取らない“ブレイク”を果たした長友だが、近年ではコンビでYouTubeチャンネルを設立したり、冒頭の『牛宮城』を訪問するなど、芸人としての話題集めに奔走している様子だった。そんな中、長友を知るお笑い関係者からこんな話が――。

「長友さんがフランチャイズ経営していたラーメン店が、昨年12月30日に閉店してしまったんです……」

 芸人としての活動はさておき、経営者としては優秀な業績を上げていた長友。コロナ禍で飲食店に厳しい逆風が吹いているとはいえ、人気ラーメン店が簡単にクローズするとは考えづらいが……。

 真相を確かめるべく、3月中旬、都内でライブを終えて会場から出てきた長友本人に話を聞いた。