「お店に入った瞬間、すぐに気がつきましたよ。サングラスをしたまんま、豪快に音をたてて、すすっていました。ずずずーーーって。うどん屋さんでも、芸能人オーラが香り立つというか……」

 3月中旬の午後3時――。混み合うラインチタイムをさけて、都内の人気うどん店に足を踏み入れたOLが目にしたのは、元TOKIOの長瀬智也だった。

 30年、在籍していたジャニーズ事務所を辞めて、そろそろ丸1年がたつのだが……。

やりたいことをやる“長瀬流”

彼は芸能界を引退する、と明言していません。“裏方に回る”という話もありましたが、それがどういうことなのか、具体的にわかっていません。今はSNSで、趣味のギター、バイク、スケボー、釣りなんかの様子をひたすら公開しているだけ。古着屋さんのチラシに登場したり、バイク雑誌の表紙を飾ったこともありました」(ワイドショースタッフ)

 長瀬はどうしてジャニーズ事務所を辞めて、今後は何をしていこうとしているのか、いまだによくわからないままなのだ。

「ただ、これまでやってきたジャニーズタレントみたいなことは、もうやりたくないのは伝わってきますが……」(同・ワイドショースタッフ)

 そんな長瀬が目撃されたのは、冒頭の平日午後、うどん店だった。

「オレンジ色のニット帽を被り、マスクをアゴにズラした状態で、うどんを食べていました。無精ひげを生やしていましたが、それもワイルドで、セクシーな雰囲気でしたよ。ほかの女性客も気づいており、興奮しながら彼がうどん食べる姿を見守っていました」(前出のOL)

 ささっとうどんを平らげると、肩で風を切りながらレジに向かった長瀬。

「ごちそうさまでしたッ!」

 会計をすませると、店内に響き渡る声で店員にそう伝え、店を後にしたという。

 庶民的な店で食事をするなど、飾らない姿を見せていた長瀬だが、やはり気になるのは今後の動向。

「2022年に“活動”を本格的に始動する、という報道もありましたけどね。音楽であり、俳優であり、バイクであり……彼がやってきたこれまでの経験を、新たな方法で表現していくことを目的としている、と。大好きな趣味を思う存分、堪能したいということでしょうか……」(レコード会社関係者)

 こだわりの趣味に“長瀬流”の新たな価値を生み出したい――。もしかしたら、そんな思いなのかもしれない。その背景には、両親の影響があるのかも。

「長瀬さんのお父さんは、元レーサー。お母さんは以前、お好み焼き屋さんや、ブティックを経営していました。ご両親ともに、自分の好きなことをしてきたので、長瀬さんも“俺も自分のやりたいことをやる!”と思いを持ち育ってきたのでしょう」(同・レコード会社関係者)

 急いては事を仕損ずる、ということもある。ゆっくりと、自分の道を探してほしい。