「容疑者はおとなしい子だったから、今でも信じられない……」(近隣住民)

 3月24日、栃木県警捜査一課と同県警下野署は、会社員の母親(54)の死体を2月中旬から3月10日にかけて、同県河内郡上三川町にある県営住宅の自宅ベランダに放置し、遺棄したとして、同居していた自称イラストレーターの娘・橋本志穂容疑者(28)を逮捕した。全国紙社会部記者によると、

「母親が勤める会社が“2月中旬から無断欠勤していて、本人と連絡がとれない”と下野署に相談。警察官が3月10日、自宅のベランダで布のようなものに包まれた遺体を発見しました。遺体の頭や顔には刃物で切られたり、刺されたりした傷が数十箇所あったようです」

 実は、志穂容疑者は別の事件ですでに逮捕されていた。

遺体で見つかった母親のパスポートでイギリスへ

「2月25日、志穂容疑者は亡くなった母親のパスポートを使って、母親になりすまして成田空港からイギリスに渡っていた。だが、イギリスの入国審査でパスポートの虚偽が発覚して3月1日に強制送還。千葉県警に旅券法違反で逮捕されていたのです」(同・社会部記者)

 栃木県警は母親の死亡にも志穂容疑者が関与した疑いが濃厚として、慎重に捜査を続けている。母娘のあいだにいったい何があったのか……。