呪術の専門家は「実は怖いものじゃありません」と話す『呪い』。本来は切実な願いを叶える最後の手段なのだが、最近では相手を呪う理由にもネット社会の『闇』が垣間見えるという。

恋愛成就など前向きな“呪い”もある

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の芥見下々さんの人気漫画『呪術廻戦』。電子版を含むコミックスの発行はシリーズ累計6500万部を突破、劇場版アニメ『呪術廻戦0』も好評で、興行収入は130億円を突破するなど大ヒットを記録している。

「以前は30代以降の方の相談が中心だったのですが、作品の影響なのか20代の依頼や呪いに関する問い合わせが2、3年ほど前から増えているんです」

 そう話すのは日本呪術協会の如月純一郎さん。同協会は50年以上の歴史がある『呪術師』の集団だ。現在は全国で20名ほどの呪術師が所属する。

 呪術は縄文時代より存在しており、平安時代以降、陰陽師や修験道の世界で確立されていった。有名なのが飛鳥時代の呪術者『役小角』や平安時代の陰陽師『安倍晴明』。『呪術師』は現実にも存在しているのだ。

「かつては国の専属の『呪術師』たちが国難を防ぎ、政や物事の吉凶を占ったり、疫病を鎮めるために術を使っていました。協会の会員も含め、現在ではその役割を担う多くが僧侶や神職についている人です。通常の寺社仏閣で行う祈祷とは別で、そこでは祈れない願いを成就させるために呪術を用いるんです」(如月さん、以下同)

 一般的な寺社仏閣ではできない祈祷、それが『呪術』で、俗にいう『呪い』だ。

「日本は多神教の国。八百万のたくさんの神様がいらっしゃいます。参拝する寺社仏閣にもそれぞれ仏様や神様がいますが、かつて神様がひとりで大勢のお願いを聞き、それを叶えるのは大変ではないか、という考え方がありました。それが呪術の始まりです」

 呪術とは願いを叶えやすくするために複数の神様に同時に託す術をいう。

「漫画や映画などの影響で悪いやつを懲らしめたり、憎い相手に恨みを込めるなどの怖い印象が独り歩きしています。ですが、実際は違います。呪いはよいこともお願いできるんです」

 恋愛成就や病気を治したり、就職や結婚など、切なる願いを叶えるために祈祷するのも呪いのひとつ。

「縁切りがイメージする呪いといちばん近いでしょう。悪縁を切る、という意味には人に限らず、病気、災いなど自分と誰かの縁や悪い事象を切ることでもあるんです。ただ、例えば夫と不倫相手の仲を切ってほしい、と願うように他人と他人の縁を切りたい願いや相手を懲らしめたい願いの場合、神社やお寺の神様はなかなか聞いてくださらないこともあります。そこで呪いでは自然界にいる神様に願い、その神様が“その人のためになるなら”と引き受けてくれるんです」

 呪い=怖い、という印象が広まったのは江戸時代といわれている。中でもインパクトが強かった呪いが藁人形を用いた丑の刻参りだった。

 丑の刻参りとは憎む相手に厄災が生じることを願って藁人形に呪いをかける儀式。

 丑の刻は午前1時~3時のことで、この時間は『鬼の方位』。白装束姿で顔におしろい、口には紅をひき、頭には鉄輪にろうそくをともし、鉄下駄を履き首から鏡を下げる。人に見られぬように呪いの言葉を述べながら人形に呪いの五寸釘を打ち付ける。これを7日間続けると呪いが成就すると伝えられている。

「米はかねて、尊いものとされてきました。残った藁も同様に尊いものとして考えられ、それで人の形を作ることで人の魂が宿ると考えられ、藁人形が生まれたんです」

 特に江戸時代、当時の農民たちは地主ら権力者への不満や恨みを込めて藁人形を作り、儀式を行ったという。

「丑の刻参りを行う人は多く、役人たちもなかなか取り締まれなかった。丑の刻参りをやめさせるため、呪いにまつわる怖い内容を広めたのが原点だそう。それが気に入らない相手を攻撃する道具、怖い、という印象だけが現代まで残っているんです」