「2年ほど前にご主人と引っ越してきてね。言葉は交わさんけど、挨拶をすればきちんと会釈してくれる愛想のええ人やったよ……」

 被害者の自宅近くの住民は言葉を失った。

 4月3日の午後、大阪府大阪市淀川区の『ほっかほっか亭三津屋店』の店主が、

「アルバイトの女性が戻ってこない」

 と大阪府警に通報をした。店内の防犯カメラには、午前8時35分ごろ、ベトナム国籍でアルバイトのヴォ・ティ・レ・クインさん(31)が、同店の2階に住む男と店を出ていく様子が映っていた。

 その夜、警察官が男の部屋を訪ねると、その男は刃物で自らの首を切っていて、血まみれで倒れているのを発見。病院に緊急搬送されて、命に別状はなかった。

布団圧縮袋に詰められていたヴォさんの遺体

「警察は翌日にあらためて男の部屋を調べると、テレビ台の裏に隠された布団圧縮袋を発見。粘着テープで縛られた袋の中からヴォさんの遺体が見つかったのです」(全国紙社会部記者)

 死因は首を絞められたことによる窒息死だった。

 2階の男、トラック運転手の山口利家容疑者(59)が逮捕されたのは、事件発覚から2日後の6日。本人の回復を待って、自供を聞いた上での逮捕で、強盗殺人と死体遺棄の疑いだった。

警察の取り調べに対して容疑者は、

「生活が苦しく、金を奪おうとしたが、大声で騒がれたので首を絞めた」

 と容疑を認めていて、ヴォさんの手提げカバンなどを盗んでいた。山口容疑者はどんな人物だったのか。

「いつも迷彩服の上下を着ている変わった男。階下で営業している同店に“シャッターの開け閉めの音がウルさい”とクレームをつけていたみたいですよ。

 近隣の人によれば、“事件前日の夜にも、男と外国人女性の怒鳴りあうような声が聞こえた”って」(近所の主婦)