中国での視聴回数が100億回を突破するなど、世界中で大人気の中国発のファンタジー・ブロマンス時代劇『陳情令』。いよいよ4月14日より、WOWOWで日本語吹替版がスタートする。

沼落ち現象が日本でも多発中

 原作は中国のファンタジー小説『魔道祖師』。舞台は、魔術を使う五大世家(藍氏、江氏、聶氏、温氏、金氏)が世の秩序を治めている古代中国。江氏の養子・魏無羨(ウェイ・ウーシエン)と、藍氏の藍忘機(ラン・ワンジー)が強い絆で結ばれたバディとなって、正義のために戦う物語だ

傷を負った魏無羨と、助ける藍忘機『陳情令』(C)2019 ShenzhenTencent Computer Systems Company Limited

 快活で何物にも縛られない自由奔放な魏無羨と、無口で戒律を重んじ己にも厳しく冷静な藍忘機。2人は偶然にも藍氏の禁地へ足を踏み入れ、藍氏が代々守ってきた秘密を知る。正義のため力を尽くすことを誓った2人は、ともに事件を解決していくうちに徐々に絆を強めていくが、魏無羨は罪をかぶせられ、断崖から自ら身を投げる。そして、そのまま消息を断ってしまうのだった。

 それから16年後、呪術によってよみがえった魏無羨は、藍忘機と再会する。2人は新たな事件の真相にたどり着くと、それが16年前の忌まわしい過去につながることに気づくのだった……。

瞑想中の2人。魏無羨はうとうと……『陳情令』(C)2019 ShenzhenTencent Computer Systems Company Limited

 魏無羨と藍忘機のツーショットがとにかく美しくカッコよく、しかもお互いを大切に思い合っている様子がひたすら胸アツな今作。全50話という大作ながら一気見してしまい睡眠時間がなくなる人、2周目3周目……と延々リピートしてしまう人など、沼落ち現象が日本でも多発中だ。吹替版スタートでさらに人気が高まりそうな『陳情令』、萌え沼の秘密を徹底解読!

主人公2人はこんなキャラ

ザ・熱い心!明るく自由奔放
魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 演・シャオ・ジャン(肖戦)

 明るくて屈託がなくて自由奔放で。正義感あふれる熱血男子、魏無羨。幼いころに両親と死別し、貧しくつらい時期を経て、江氏に引き取られる。大笑いしたり、不機嫌そうに口をとがらせたり、大泣きしたり、くるくる変わる表情も魅力的。お酒が大好き(とっくりから直飲み多め)。

『陳情令』(C)2019 ShenzhenTencent Computer Systems Company Limited

ザ・クール男子!冷静沈着でストイック
藍忘機(ラン・ワンジー) 演・ワン・イーボー(王一博)

 魏無羨が熱血なら、藍忘機は無口で冷静沈着、無表情で己に厳しい超ストイックガイのクールビューティー。戒律の厳しい藍家の次男で、自身もそれをしっかりと守っている。自由人の魏無羨とはまさに真逆。なので出会った当初は魏無羨のことを苦々しく見ていたのだが……。

『陳情令』(C)2019 ShenzhenTencent Computer Systems Company Limited