4月14日発売の『週刊文春』で報じられた、お笑いコンビ『天竺鼠』のツッコミ担当・瀬下豊の醜聞。3月末にも20代女性との不倫を同誌にキャッチされたばかりだったが、3週間と経たずに第2の“文春砲”を喰らった形。しかも、今回はーー。

「最初の不倫騒動は、交際期間2、3年とかなり深い関係ながらも、瀬下の奥さんから許しが出たことで騒動は収束。吉本もこれを“不問”として、各所で謝罪こそすれども仕事に大きな影響は出ませんでした。

 ところが、続報では新たに2名からの告発。しかも、内のひとりは妊娠して出産を希望するも、彼に中絶を要求されたというのです。2人目の女性に対しては陵辱的・暴力的な行為を働いていたという、シャレでは済まされない内容でした」(ワイドショー芸能デスク)

 記事が出る前に吉本興業に報告していたのだろう。4月13日の新宿『ルミネtheよしもと』、14日に群馬県藤岡市、15日に神奈川県伊勢原市で予定されているライブと、それぞれの出演を取りやめた瀬下。吉本も事態を重く受け止めていることが窺える。

 文春の直撃取材の際には、《芸人に見切りつけようかな。次出たら芸人やめると決めていた。目茶苦茶やってきたからまた出てくるだろうし。今回ばかりは笑えないですしね》と観念した様子を見せていただけに、このまま“引退”も現実味を帯びてきている。

SNSだけを「非公開」にした理由

 さらに拍車をかけるように、4月14日未明には自身のツイッターやインスタグラムなどのSNSを「非公開」とした瀬下。おそらくは進退を伺っている身の今は、その間の芸能活動は全て“自粛”ということか。

「瀬下さんがSNSに“カギ”をかけたのは、それだけが理由ではないでしょう」とは、バラエティ番組に携わる放送作家。では、自粛以外のどんな目的が?

「事実確認を含めた聴取を行っている段階で、まだ“処分”と決まっているわけではありません。現に、YouTubeチャンネル『全力戦士セシタマンチャンネル』は公開中ですからね。瀬下さんがSNSを封鎖したのは、お子さんに関する多数の投稿をしていたからでしょうね」