いま、“性加害”というテーマが世間のホットワードになっている。

『週刊文春』が榊英雄監督、木下ほうかの女性への性加害を立て続けに報じると、『週刊女性』も園子温監督の疑惑について伝えた。映画界にはびこる実態について、女優の水原希子がインタビューに応じたり、吉高由里子や橋本愛らも私見を述べるなど、大きな注目を集めることに。その余波は、芸能界以外にも──。

『週刊新潮』(4月21日号)が報じたのは、テレビ出演なども多い老舗インド料理店『ナイルレストラン』のオーナーG・M・ナイル氏が、知人女性への『強制わいせつ容疑』で捜査され、2021年7月に書類送検されていたこと。

 家族ぐるみの付き合いがあったという十年来の知人、40代女性・A子さんは2020年に別宅で無理やり胸をなめられたり、股間を触らされたりしたのだという。パニック状態のなか、かろうじて逃げ出したA子さんは、警察署に被害届を提出。強制わいせつ容疑での捜査が行われた。示談は決裂し、ナイル氏は書類送検。現在も捜査が続いているそうだ。

タイミングの悪い“コラボ”

『ナイルレストラン』は1949年に銀座でオープンし、インドカレーの名店として名を馳せてきた。ナイル氏の父で、先代のA・M・ナイル氏は日印友好親善に尽くした功績から、日本政府から勲三等瑞宝章が贈られている。歴史と伝統のある同店だけに、今回の一件で受けた打撃は大きい。

この報道はネットニュースにもなり、記事には“あれは事件でもなんでもないですよ。でっち上げ”、“ちょっとイチャイチャして、オトナの男女ならよくある話でしょ”とにやけながら記者に対応したころも書かれています。そういった憤りからか、SNSなどでは、“ひたすら気持ち悪い”“もう行きたくない”といったレストランへの非難も見受けられます」(ウェブメディアライター)

『ナイルレストラン』の名物料理ムルギーランチ

 このタイミングで報道されたことによって飛び火を受けている企業がある。コンビニエンスストア最大手の『セブンイレブン』だ。現在、4月初旬から春のフェア『華麗なるカレーパーティー』が開催中で『ナイルレストラン』とのコラボ商品が発売されている。

(セブンイレブンHPより)

有名店が監修するというコンセプトで複数の老舗カレー店とコラボしており、『ナイルレストラン』からはカレー、おむすび、チキンマサラの3点を販売中。かなり好評なのですが、ネット上では“セブンイレブンも脇が甘い”、“発売直前に記事出してほしかったですよ! 先週買ってしまいました…”といった声が噴出してしまうことに。非常にタイミングが悪かった」(前出・ウェブメディアライター)

『強制わいせつ容疑』で現在も捜査中だというショッキングな出来事だけに、ネット上では商品が販売中止になってしまわないかとの懸念も出てきている。