《仕事や地方に行っている最中…毎回毎回母に子供達の写真をわざわざ撮らせて送らせてるのはもうやめてもらえませんか??(中略)母は写真を撮るのが苦痛です。昔の昔から撮る事が苦手です。写真を撮る事が母には大きなストレスです》

 4月16日に市川海老蔵への苦言を呈したのは義姉の小林麻耶。1日に何度も更新される海老蔵のブログに載せるための画像を義母に送らせているとし、強く批判した。

 今年の3月21日に夫の國光吟(あきら)氏とYouTube上に『暴露動画』をアップしてからというもの、動画にブログにと海老蔵への“口撃”が続いている。麻耶がブログで海老蔵から謝罪があったことを明かしつつも“許さない”と綴っていることからも、今後も彼女が手を緩めることはなさそうだ。

市川海老蔵についての“暴露”を続ける小林麻耶。隣は元夫の國光吟氏(『吟Akira』YouTubeチャンネルより)

 そんななか、沈黙を貫いていた海老蔵がついにこの一連について『週刊文春』(4月28日号および電子版)で口を開いたのだった──。

麻耶の暴露を“認める”ところが多く

《「墓場までもってくつもりでした」海老蔵 直撃130分》

 海老蔵へのインタビューは5ページにわたり行われた。「亡くなった妻・麻央さんの病室で競馬に興じていたこと」「麻央さんへ施した気功療法について」「インフルエンサーをSNSナンパし、パパ活報道」「麻耶に謝罪した日の真相」など──。麻耶が暴露したことや、直近にあった女性関係の報道など、さまざまな疑惑について答えるといったかたちで記事は構成されている。

「4月の頭に尾上菊五郎が取材会で『今年、團十郎が誕生しそうだ』とポロリと漏らしたことからも察せられるように、コロナ禍などで’20年5月から延期になっていた海老蔵さんの“團十郎襲名”が年内に実現する方向で進んでいるそうです。このタイミングで『文春』の取材に応じたのには、早く騒動を収束しなくては、という思いがあるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 告白のなかで特筆すべきは、ブログで“小林麻央さんから手紙が届いた”であったり、“神田沙也加さんが降臨と主張”の投稿だったりと、にわかに信じがたい発言を繰り返す小林の暴露内容ついて認める部分も少なくなかったこと。

暴露が連発するきっかけとなったのは麻耶さんと夫の國光氏の離婚について、『世間に公表しなくていい』とアドバイスしたにも関わらず、許可もなく離婚を示唆するような『おかえり』とタイトルのつけられたブログを書いたこと。この件について海老蔵さんは、誤解を生むような表現だったとし、“勝手な投稿をしてしまった。浅はかだった”と認めた。

 病室で競馬の件も、深刻な雰囲気にならないようにという意図でやったと主張。“麻耶さんが不快に思われたのなら本当に申し訳なく思っています”としました」(前出・スポーツ紙記者)