「このたびはお騒がせしまして、大変申し訳ありませんでした」

 4月27日、桂田精一社長(58)の会見は土下座から始まり、そのあと彼はこの言葉を発したのだ。どこか他人事のような謝罪だった……。

 23日、未曾有の海難事故が北海道斜里町の知床半島沖で発生した。第1区海上保安本部に、運航会社『知床遊覧船』の26人乗りの観光船『KAZUI』(カズワン)が「浸水している」という通報が入り、そのまま行方不明に。

乗員・乗客26人のうち、14人の遺体が発見

 その後、乗員・乗客26人のうち、14人は遺体で発見された。だが、船長を含む残り12人と船体そのものもいまだに見つかっていない。
 
 なぜ最悪の事態が起きてしまったのか。その説明がまったくなされぬまま4日が経った27日、桂田社長はようやく会見を開いたのだ。

 荒れた天候が予想された中で出航を許可した理由について、

「船長と、(天候が)荒れたら引き返す“条件付き”で運行となった。こういうことは、何年も前からやっていた」

 と説明。安全管理については、

「慣れてきて、緩むような感覚があったのかもしれない。(事故が起きた)原因は……私の至らなさだと感じています。事故の原因も分からない、ということも含めての至らなさ」

 謝罪の言葉は並ぶものの、やはり他人事のように聞こえてしまう。