「別に話すことはないです。一切コメントしないです」

 4月24日、プロ野球のオリックス対ロッテ戦後、球審を務めた白井一行審判員は厳しい口調で言い放った。この試合は、思わぬ形で注目を浴びることとなる─。

「ロッテの先発投手は、4月10日、プロ野球史上16人目となる完全試合を達成、5月20日の登板で無傷の5連勝を飾った佐々木朗希選手。しかし、この日は白井審判員から受けた“ボール”の判定に不服そうな態度をとってしまい、警告を受けました。ただ、このシーンでの白井審判員が高圧的に見えたことで、各方面で物議を醸す事態に……」(スポーツ紙記者)

白井審判員は「ルールを守っていた」

 一件を受け、日本野球機構は「注意の仕方に別の方法があった」と発表したが、著名人たちも私見を述べた。

「タレントのマツコ・デラックスさんはテレビで“(白井審判員が)マウント取りにいったんでしょう”と辛辣なコメント。一方、メジャーで活躍するダルビッシュ有選手はツイッターで《審判にも態度出させてあげてください》と擁護する姿勢を見せました」(同・スポーツ紙記者)

 5月15日には、同じくロッテのレアード選手に退場宣告をした白井審判員。賛否両論が飛び交っているが、専門家の目にはどう映ったのか。審判員として29年間で1軍公式戦1451試合に出場し、その後、審判技術指導員を8年間務めた山崎夏生さん(66)に話を聞いた。

「佐々木選手はそれまで再三にわたって、不満げな態度を見せていました。ルールブックには“不満の意を表してマウンドを降りたら警告を発せられる”とあるので、逆に警告を発しなければ、審判のルール違反になる。白井審判員は、ルールを守って注意したわけです」