「本日現在、合計で4299万3434円、法的に確保することができました」

 24日、花田憲彦阿武町長は会見でそう明らかにした。

 山口県阿武町から誤って振り込まれた4630万円の一部から不法に利益を得たとして、24歳の男を逮捕。田口翔容疑者は、同町の新型コロナウイルス給付金について、町から入金された4630万円を、誤った振り込み金と知りつつも、400万円を別の口座に振り替えたとして、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された

 田口容疑者は、「金はすべてネットカジノに使った」と供述し、3つの決済代行業者にほぼ全額を出金していた。

 町側は、全額返還などを求めて田口容疑者を提訴。田口容疑者側は、返還の意思があるとし手続きを取っていた。

 これで残りは330万6566円。

 今回の事件、誤った振り込みが田口容疑者の口座になされたことに始まった。振り込みがなされたが、それはあくまで“誤った”ものであり、田口容疑者の所有物ではない。今回の事件は町側が誤って振り込んでしまったことに端を発したこともあり、西村博之氏など影響力のある有名人も含め、ネット上では、“容疑者はそこまで悪いのか”という声も出ている。

容疑者はそこまで悪いのか

「田口容疑者は、『電子計算機使用詐欺罪』の疑いとされています。その場合、量刑は10年以下の懲役です。しかし、ネットカジノに使い込んだということが“悪質”だからとして、この罪に無理やりしているのではないかという声も出ています。本来は『占有離脱物横領罪』にあたり、その場合は量刑が軽く、1年以下の懲役となるのが妥当ではないか、ということです」(法律関係者)

 一方、とある弁護士の見解は……。