6月19日、キックボクシング『RISE』フェザー級王者・那須川天心と、『K-1』スーパーフェザー級王者・武尊の対戦が実現する。これまで所属団体が異なる、また双方のルールが異なることなどからマッチメイクされなかった両王者による、格闘技ファンが待ち望んだ“世紀の一戦”なのだがーー。

 試合会場の東京ドームに設置される、リングに最も近いSRS席が10万円のプレミア価格が物語るように、テレビ放送でも高視聴率が期待された『THE MATCH 2022』。ところが、放送権を獲得していたフジテレビが5月31日、土壇場で中継の見送りを発表したのだった。

 すると即座に自身のツイッターに《お金の為じゃねえんだよ 未来の為にやってんだよ 子供達はどうすんだよ》と、怒りと悔しさをぶちまけた天心。続けてインスタグラムで、自身も“格闘技のテレビ放送を見て人生が変わった”などと力説しては、

《目先のお金なんてちっぽけだし 俺はお金の力には負けたく無い この試合は沢山の子供達、未来のある人達、より多くの人に観てもらいたい それには地上波しか方法は無い》

 あらためてお金のためではなく、子どもたちに観てほしい、そして格闘技に興味を持ってほしいという未来につなぐための試合であると強調してみせた。

「たとえ地上波放送がなくとも2人の試合を観たい、また全ての試合を観たい格闘技ファンは、もとより“ペイパービュー”方式で完全生中継されるネットテレビ『ABEMA』を視聴するでしょう。ただ、天心選手が言うように、地上波で“無料”放送することで新規視聴者層の開拓や、それこそ子どもに興味を持たせる狙いがあるのでしょう。

 とはいえ、“お金の力には負けたく無い”などと、まるでフジテレビさんが放映料をケチって撤退したような言われ方ですが、それこそお金だけの問題ではなく、主催側に抱いている不信感も一因だと思います」(広告代理店営業スタッフ、以下同)

フジが放映権を放したのは2度目

 『週刊ポスト』5月20日号が報じた【天心vs武尊の仕掛け人RIZIN代表・榊原信行氏「反社交際音声」流出トラブル】なる記事。『THE MATCH 2022』実行委員で、格闘技団体『RIZIN』の代表を務める榊原信行氏と、反社会的勢力とのつながりを疑惑として指摘したものだ。

 当の榊原氏は疑惑を払拭すべく、同誌のインタビューに応じて記事に反論するも、フジにとって納得のいく答えとは見なされなかったのかもしれない。

「かつてフジは“ドル箱”とされた、同じく榊原氏が主宰を務めていた人気格闘技大会『PRIDE』の放映権を手放したことがありました。その時も同様に関係者の“黒い疑惑”を報じられてのことで、今回のことで2回目なのです。

『THE MATCH 2022』放送後に新たな疑惑が浮上しないとも限りませんし、テレビ局のコンプライアンス違反の取り締まりが強化さている現状では、たとえ疑惑でも蔑ろにはできないということ」