「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第71回 松田ゆう姫

『5時に夢中!』(MXテレビ)水曜コメンテーターの松田ゆう姫の発言が炎上しました。

「誰かに激怒された経験はあるか?」というテーマで話を振られた松田は、オジサンに怒られたエピソードを披露します。友人が歩きタバコをしていたら、オジサンに「路上で歩きタバコを!」と怒鳴られたそうです。「心臓が止まるほどびっくりした」松田は、「そのまま、オジサンのところに行って、“その怒り方はないんじゃないですか?”って怒り返した」そうです。

 歩きタバコを禁止している自治体は多いですし、そうでなくても、喫煙にはマナーや配慮が求められるでしょう。かといって、いきなり怒鳴ってくるオジサンもどうかと思いますし、「やられたらやり返す」とばかりに、わざわざオジサンのところに行って逆切れする松田もいかがなものか。

 登場人物全員ヤバいパターンだと思いますが、それはさておき「炎上の条件」について考えさせられたのでした。ものが燃えるには、「可燃物」「熱」「酸素」が必要だと理科の授業で習った気がしますが、炎上にも同様の3つの条件があるのではないでしょうか。

(1)炎上はタイミング

 松田は過去にも、電車の中でリップを塗っていたら、オジサンに「電車の中で化粧なんてしているんじゃねぇ」「みんなに迷惑かかってるんだよ!」と怒鳴られたことに納得がいかず、オジサンに抗議し、車内の人に「ご迷惑でしたか?」と質問したエピソードを明かしています。「やられたらやり返す」は歩きタバコに限った話ではなく、平常運転というか、そういう性格なのだと思われます。

 しかし、この時はさほど炎上しませんでした。つまり、炎上は必ずしも発言内容によってもたらされるわけではないと言えるのではないでしょうか。ちょうど今は大衆をあ然とさせるような芸能ニュースのないネタ枯れの時期です。こういう“獲物”のいない時は、必要以上に問題発言が注目を集めて、その結果、炎上してしまうのではないでしょうか。