近年、昔ながらの不良、いわゆる「ヤンキー」は絶滅危惧種となりつつある。統計がないので実数は不明だが、不良全盛期だった'80年代に比べると、改造制服を着た学生や、'90年代にはよく見かけた深夜のコンビニ前でたむろする特徴的な見た目の中高生など、一見して「ヤンキーだ」と思わせる若者は、もはや思い出の中にしかいない状態だ。

 しかし、ドラマや漫画の世界の“ヤンキー人気”は衰え知らず。ケンカに明け暮れていた不良少年が弱視の少女と恋に落ちる『恋です! ヤンキー君と白杖ガール』(2021年・日本テレビ系)や、現在放送中の『ナンバMG5』(フジテレビ系)などの“ヤンキーモノ”は、人気のジャンルとして確固たる地位を築いている。

 ヤンキードラマで描かれる男の友情や恋愛、ケンカシーンに、思わず胸をときめかせた経験がある人も多いのではないだろうか。

 そこで本誌は、全国の35歳以上の女性1000人にアンケートを実施。「好きなヤンキーテレビドラマ」と、作中の「好きな登場人物」を挙げてもらった。女ゴコロをつかむヤンキードラマの魅力に迫る──。

好きなヤンキードラマランキング

◆  ◆  ◆

 気合で第1位に輝いたのは『ごくせん』(日本テレビ系)シリーズ。同名漫画を実写化した本作は、2002年に第1シリーズが放送され、高視聴率を獲得し、多くの続編が制作された超人気ドラマだ。仲間由紀恵(42)演じる主人公の山口久美子、通称ヤンクミは任侠集団「大江戸一家」の三代目組長・黒田龍一郎の孫娘。実家の稼業を隠して教職に就いた彼女が受け持った「3年D組」は、学内でもっとも問題児が多いクラスだった。

「不良だが、根は純粋な生徒たちと先生との絆がよかった」(53歳)「起承転結がしっかりしていて『水戸黄門』タイプのドラマだったので安心して見ていられた」(40歳)など、わかりやすく、爽快なストーリーに魅せられる声が多く寄せられた。

 イケメン評論家の沖直実さんは「『ごくせん』はイケメンドラマの先駆け的作品」と語る。

「学園ドラマに登場するヤンキーたちには、不良っぽい男の子が醸し出す、独特な色気を感じますよね。しかも『ごくせん』の舞台は男子校で、若手俳優の原石がたくさん出演していました。私に限らず、女性はみんな『イケメン評論家』ですから(笑)、生徒の中から好きなタイプの俳優を発掘したい、という層にバッチリハマったのが『ごくせん』なんです」

 特に『ごくせん』は長期シリーズになったため、シーズンごとに学生の顔ぶれが変わる。同作は、視聴者の“青田買い心”をくすぐる作品でもあったのだ。

 また、主人公のヤンクミは好きな登場人物ランキングでも1位を獲得している。「誰よりも度胸があってスカッとさせてくれる」(77歳)「美人だけどダサい……でもカッコいい!」(38歳)など、典型的な男性のヤンキーではなく、情と仁義に厚い女性のヤンクミに惚れる声が多数!

義理堅い一面が共感ポイント

「ヤンクミは、作中の登場人物の中でケンカが強く“最強の先生”。生徒のために身体を張るという、守られるだけの女性ではなかったのも、長く愛された理由ではないでしょうか」(沖さん)

 ヤンクミ本人は“不良学生”ではないが、心に宿る極道魂が視聴者に響いていたようだ。

 第1シリーズに出演していた沢田慎(演・松本潤)も、好きな登場人物ランキングの5位に。彼のクールな仮面に隠された、義理堅い一面に票が集まった。