《初観戦 楽しかった》

 北京五輪フィギュアスケート男子で銀メダルを獲得した鍵山優真が自身のTwitterに投稿した。6月上旬からアメリカで合宿を行っていたが、日本時間12日に練習の合間を縫ってメジャーリーグ大谷翔平の試合を生観戦。実は対面の話もあったこの計画は“極秘”で進められていた。

野球とフィギュアの共通点

「両者のケガなど、不測の事態も考慮し、近い関係者だけで話を進めていたそうです。メジャー担当の記者も鍵山選手が球場に来るまで知りませんでした。鍵山側からの希望で5分ほど対面できるように調整もしていたそうですが、タイミングが合わなかったため実現はせず。

 大谷選手は試合後に鍵山の来場を知ったようです。それでも、鍵山選手は試合観戦後に“刺激をもらえたらと思っていたけど、想像以上でした”と喜んでいました」(スポーツ紙記者)

 野球とフィギュアスケート。全く違うスポーツのようにも思えるが、スポーツライターの梅田香子さんはこう話す。

「野球の試合時間は長いけど、バッターで立つのは数分間。そういう点では、同じく数分の演技で勝負が決まるフィギュアスケートと似ていると思います。だから、刺激を受ける部分もあったんでしょうね」

 ほかにも共通点はある。

「スケーティングの技術や技と技のつなぎの部分、プログラムの構成、曲の解釈、観客やジャッジへのアピール、この5点すべてそろった選手をオールラウンダーと呼びます。宇野昌磨選手や羽生結弦選手などがそうで、鍵山選手もそこを目指しています。競技は違っても、投打で活躍する大谷選手から学べることも多いでしょう」(梅田さん)