「僕はなかなか自分に自信が持てない人間なので、“本当に僕でいいのかな?”と思いました」

 7月8日公開の『TELL ME ~hideと見た景色~』で映画初主演を果たす今井翼。

「でも、逆を言えばすごく光栄なこと。とても繊細な世界観、立場をしっかりと自分なりに意志をもって務めたいなと思いました」

 '98年5月2日。X JAPANのギタリストであり、解散後はソロ活動(hide with Spread Beaver/zilch)をしていたhideさんが急逝。告別式には芸能人史上最多の5万人が集まり、涙に暮れた。

 残された制作途中のアルバム、そしてすでに決定していた全国ツアーをどうするのか? 今井演じる実弟でマネージャーの松本裕士は、共同プロデューサーI.N.A.(塚本高史)らとともに逆風の中、動き出す……。

X JAPANとの出会いは小学生のとき

 今井へのオファーは役者としての力量はもちろん、その音楽に精通していたことも大きい。中学生のときは生徒手帳にX JAPANの写真を、現在はスマホに楽曲を入れている。

「小学校のときに初めてX JAPANに出会って。“ロックって、こんなにカッコいいんだ!!”と思いました。YOSHIKIさんの美的感覚と破壊力、そして各メンバーの個性。X時代にhideさんが書いた『Joker』や、最後のほうでいうと『SCARS』なんかは、やっぱりhideさんサウンド。同時にファッションアイコンで。ライブ会場でもhideさんのファンはひと目でわかった。そのセンス、アイデア、個性がカッコいいなと思っていましたね」

 終盤、本人の楽曲と映像を豊富に使ったライブシーンは圧巻だ。

「改めてhideさんの楽曲の魅力が伝わると思います。僕は、hideさんを近くに感じることができたんですよね。今聴いても色あせていないし、世代ではない方にはすごく新しいと思うんです。ぜひ、それぞれの思いで捉えていただけたらうれしいなと思います」