《ドラマ放送から16年、青い空と美しい海、雄大な自然に囲まれた志木那島を舞台に、Dr.コトー・五島健助の新たな物語を描きます》

 6月30日、フジテレビ系列で放送された人気医療ドラマ『Dr.コトー診療所』の映画化が正式発表された。公開は12月16日だ。

かき氷を買いに来たキャストも

「'03年に連続ドラマがスタート。主演の吉岡秀隆さんが東京から赴任してきた外科医“Dr.コトー”を演じました。設備が乏しい孤島での医療と、島民との温かい交流を描いたドラマは大ヒット。'04年に単発のスペシャルドラマが2本、'06年には第2シリーズも制作され、シリーズの最高視聴率は25・9%を記録しました」(テレビ誌ライター)

 第1シリーズから、日本の最西端に位置する与那国島で撮影が行われている。

「映画版の撮影は、6月の1か月間を使って行っていました。スタッフも前回とほとんど同じ人たちだったので、懐かしくて話が弾みましたよ。実に16年ぶりの再会ですからね。キャストもおなじみの方たちで安心しました」(島に住む男性)

ティザービジュアルも公開。現実と同様に16年の月日がたったことで吉岡秀隆が演じるコトー先生は白髪に

 梅雨のタイミングと重なってしまったこともあり、天候の悪化が心配されたが、杞憂に終わったようだ。

「今年は梅雨明けが早かったから、晴れる日も多かった。毎日暑かったこともあって、休憩時間にかき氷を買いに来ていたキャストもいたね。島民のエキストラたちと和気あいあいとしながら撮影が進んでいって、とてもいい雰囲気だったよ」(同・島に住む男性)