コンビニ大手『ローソン』公式HPにて、『ストリートファイターキャンペーン』企画の予告が発表された。なんでも7月12日から7月25日までの期間で、対象商品を購入するとオリジナルステッカーがもらえるというもので、他にもコラボグッズの販売や、“引用ツイート”によるプレゼント企画も開催される模様。

 1987年に誕生した『カプコン』の人気ゲーム『ストリートファイター』35周年を記念したアニバーサリー企画でもある同キャンペーンで、景品ステッカーのモデルに起用されるのは、1991年にアーケードゲームで登場した『ストリートファイター2』。略して“スト2”の登場キャラクターたち。

 当時はプレイするためにゲームセンターに長蛇の列を作り、家庭用ゲーム機に移植されると後の“格ゲー(格闘ゲーム)”ブームの火付け役にもなったスト2。新作シリーズの『ストリートファイター5』が世界各国の『eスポーツ』大会で起用されるなど、現在もその人気は高い。

 そんな“初代”スト2に登場する、世界各国の個性的なキャラクターは12人。キャンペーン用に制作されたオリジナルステッカーも全6種類で、ちょうど12人が対戦する画面を再現したデザインのようだ。公式HPを確認すると、「波動拳」「昇竜拳」と必殺技音声が聞こえてきそうな躍動感と懐かしさが込み上げる。

 対戦するのは【リュウVSケン】【春麗VSダルシム】【エドモンド本田VSブランカ】【マイク・バイソンVSバルログ】【サガットVSベガ】。そして【ガイルVSガイル】……、あれっ? 11人しかいない!? 

 スト2に詳しい世代ならすぐに気づくであろう、本来ならばこの流れで「ガイル」と対戦するのは「ザンギエフ」。“彼”だけがゲーム画面に確認できずに、ガイル同士で対戦するという違和感を覚えずにはいられない構図に。

 大きな身体とパワーを誇る一方で、移動速度が遅くジャンプ力も低いプロレスラーのザンギエフ。操作が難しい玄人向けキャラとも言えるが、破壊力抜群の必殺技「スクリューパイルドライバー」を決めれば友達から尊敬されたものだ。

「ロシア出身」のキャラクターだった

 最新版のスト5にももちろん登場する、他11人と同様にストリートファイターシリーズを代表するキャラなのだが、なぜザンギエフだけシール化されなかったのか。ネット上でもこのラインナップに戸惑いの声が上がっている。

《ザンギエフハブられてるの流石に笑…えない》
《ステッカーにザンギエフがないんですが》
《ちょっと待って何この露骨なロシア外しは…ザンギエフ悪くないよ》

 そう、このザンギエフはスト2登場時は「ソビエト連邦」出身で、ゲームクリア後のエンディングではミハイル・ゴルバチョフ元大統領を思わせるキャラクターとコサックダンスをする演出もあったキャラ。ソ連崩壊後の新作シリーズ以降は、現実同様に出身地も「ロシア」に変更されている。