泥酔しているような女性を抱える小栗旬(東谷義和氏のTwitterより)
【写真】ガーシーから流出!小栗旬が泥酔状態とされる女性を抱きかかえーー

 そして東谷氏が当選できた背景を、“時代を変えるために出てきた人たちっていうのは、革命を起こす人というのはどこか異端者に見えるもの”などと持論を展開する松浦氏。続けて“ガーシー曰く”として、

《芸能界や経済界の、そういうこと(晒されるような行為)をしている人たちの不正を直すというようなところから始まっていて、うん、何年か経って、何十年か経つとナントカ革命って言われる様なものになってもおかしくないのかな?って気が、うん》

永田町の中枢から告発へ

「つまりは“ガーシー革命”に期待する声が多いのでしょう」とは、ワイドショー芸能デスク。

「彼の支持層はネット世代の若者が多く、権力や圧力にも物おじせずに芸能界の“不正”を晒したことで一躍“ダークヒーロー”として祭り上げられた節があります。そして未来に期待できない政党や政治、日本を正すためにも、今度は永田町の中枢から、不正や悪事に手を染める政財界人の暴露を期待しているのではないでしょうか。

 もちろん、松浦会長が言うように真面目に議員活動をしていれば晒されないわけですが、日本中にガーシーさんの“スパイ”がいるそうですからね(笑)。センセイ方もうかうか“悪いこと”はできなくなるようになればいいですね」

 政治不信が叫ばれる今だからこそ、“暴露系国会議員”がいてもいいということか。