7月11日。参院選で自民党から立候補し初当選した元おニャン子クラブの生稲晃子氏が自身のツイッターでテレビ東京の選挙特番『池上彰の参院選ライブ』の放送内容を受け、同局のプロデューサーとMCの池上彰に抗議文を送付したと発信した。いったい何が起こったのか。

 10日の『参院選ライブ』では、生稲氏が当選直後、全局のインタビューに応じなかったことについて、生稲氏の陣営関係者の談として「生稲さんは国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りない」という理由で出演しなかったと紹介。池上彰氏は「インタビューのやり取りに自信がないのかもしれませんけど、それでも何かを答えるというのが国会議員になれば責任が出てくるのではないかと思います。そういう意味ではとても残念です」と苦言を呈した。

テレビ東京に事実確認をしたところ…

ツイッターでテレ東に抗議文を送ったことを明かした生稲晃子氏

 生稲氏はツイッターで出した抗議文で「マスコミ各社共同インタビューを受けています」としたうえで、支持者への挨拶のため時間の都合で中継には対応できなかったと反論している。

 生稲氏を支援していた自民党の川松真一朗都議も11日にツイッターで《上から目線で見解を語り世論を煽る手法はやめた方がいい。マスコミ対応責任者の私はテレ東に取材されていないのは事実》と怒りの感情を滲ませている。

 食い違う言い分の行方は──事実を確かめるべく、テレビ東京に問い合わせいくつか質問をしたが、「放送した内容は、弊社の記者が取材で得た情報を元にお伝えしたものです」との回答だった。

“勉強が圧倒的に足りない”と紹介され、それに対し反論をみせた生稲氏の陣営だがこのゴタゴタを報じたネットニュースのコメント欄などでは、生稲氏に対して批判的な論調が多くみられた。