2022年7月8日、安倍晋三・元首相が奈良県で街頭演説中に銃で撃たれ死亡しました。現行犯逮捕されたのは、山上徹也容疑者(41)です。表情分析において、防衛省・自衛隊関連施設での研修、警察への犯罪捜査協力経験のある筆者の専門知見および視点から、本件を考察したいと思います。

当記事は「東洋経済オンライン」(運営:東洋経済新報社)の提供記事です

 さまざまなメディアで公開されている動画から山上容疑者の襲撃直前の表情および動作を分析しました。結論から書きますと、山上容疑者の表情に、いわゆる、危険表情は観察できませんでした。

 危険表情とは、殺人・暗殺・テロ・暴力行為を行う意図のある表情のことを言います。防犯カメラに記録されている暴力行為をする人物の直前の表情データと暴力行為を体験した警察官や犯罪被害者の目撃証言から推定された表情です。

攻撃を目論んでいる顔の特徴

 目下、危険表情は、2種類あると考えられています。

 一つは、「攻撃を目論んでいる顔」と呼ばれています。

「眉が中央に寄りながら引き下げられる+上まぶたが引き上げられる+下まぶたに力が入れられる+唇が上下からプレスされる+口角が引き下げられる+下唇が引き上げられる」という表情です。次の表情です。

(写真:株式会社空気を読むを科学する研究所提供「無断転載を禁ず」)

 口周りに力を入れる表情は、感情を抑制したり、思考を巡らしたりするときに生じます。したがいまして、「攻撃を目論んでいる顔」は、「怒りを押し殺した表情」、あるいは、「怒りながら思考している表情」と言い換えることができます。

 暴力行為をしようとしている人物は、強い怒り、憎悪を抱いています。しかし、それが表情として生じてしまうと、暴力を実行する前に周囲に危険を察知されてしまい、暴力を実行するという目標を達成することができません。したがって、怒りを押し殺そうとするのだと考えられます。

 しかし、抑制しきれない怒り感情が、微表情(0.5秒という短い時間に顔を駆け巡る瞬間的な表情)として生じたり、ときに数秒間にわたって表情に生じたりするのです。