「交際は順調も順調で、ふたりは恋人以上夫婦未満。いや、ほぼほぼ夫婦であり、家族といった感じですね」(芸能プロ関係者)

 すべての発端となる、“事務所総出”というパワーワードも飛び出した『タピオカ騒動』は'19年11月のこと。その後、彼女の人生は大きく変わった。騒動から間もない'19年末に離婚、翌'20年7月には芸能界からの“引退宣言”。しかし、同年9月に閉鎖されていたインスタグラムを新アカウントにて再開。翌10月にはYouTubeチャンネルを開設した。

 木下優樹菜。現在の彼女の肩書きは“元タレント”ではあるが、影響力のあるインスタグラマー、ユーチューバーとして健在のインフルエンサーだ。

「タピオカ騒動は裁判に至り、'21年10月に東京地裁は木下さんに40万円の支払いを命じました。判決直後、彼女は“この仕事しかできない”と、芸能界での活動再開の意向を示していました」(スポーツ紙記者)

恋人・三幸秀稔との“現在の関係”

 アパレルブランドのモデルを担当するなどの仕事はしているが、いわゆる“芸能”的な仕事はまだ本格始動しているとはいえない木下。しかし、プライベートは冒頭のように順調だ。元夫・『FUJIWARA』の藤本敏史との離婚から2年後に発覚した、サッカー選手・三幸秀稔との熱愛だ。

木下優樹菜の恋人・三幸秀稔のプロフィール欄。「好きな女性タレント、女優」の項目には「木下優樹菜」の名前が

三幸選手は木下さんとの交際発覚当時、J1リーグの『湘南ベルマーレ』に在籍。ベルマーレの試合には、たびたびスタジアムの関係者席に娘さんたちを連れた木下さんが訪れていました。ときには三幸選手のうちわを持って。静かに観戦しているというより、熱心に応援していましたよ」(サッカーライター)

 三幸は今年、J1リーグの湘南ベルマーレから、1つカテゴリーを落としたJ2リーグの『大宮アルディージャ』に移籍した。

木下さんは今年に入ってから、三幸選手と半同棲以上の関係になりました。三幸選手が木下さんのマンションを訪れないのは、大宮を離れた地方での試合のときくらい。試合会場が地方で遠ければ選手たちは前乗りしますし、前乗りしないときでも出場選手はチームのクラブハウスに宿泊するときもあります。木下さんの部屋に行かないのは基本的にそのときくらいです。

 基本的にJリーガーはチームの所在地近辺に住みます。毎日の練習は朝早いですから。都内にある木下さんのマンションから大宮アルディージャの練習場までは車で有料道路を使っても1時間半ほどかかる。その不便さを乗り越えるのは、“愛”なのでしょう。その“愛の巣”であるマンションには、以前と変わらずフジモンさんが住んでいるのは少し複雑な気もしますが……」(前出・芸能プロ関係者)

 ふたりはその“愛”を隠さない。互いのインスタグラムでパートナーとの仲睦まじい日々を投稿し続けている。

「木下さんと元夫であるフジモンさんの2人の娘さんは三幸選手に非常になついており、“第2の父”として関係は良好のようですね」(同・芸能プロ関係者)