「ゆたぼんスタディ号」で日本一周の旅に出ている“不登校YouTuber”の少年革命家・ゆたぼん。6月30日に東京を出発したのち、関東地方を制覇し、現在は中部地方にまで足を伸ばしているが(7月20日現在)、“当初の目的”から逸脱した旅の現状に、ネット上ではツッコミが飛び交っているという。

 ゆたぼんは昨年12月、「ゆたぼんスタディ号で日本一周して日本中の人に元気と勇気を届けたい!」というクラウドファンディングを実施し、目標金額380万円を超える487万円の資金調達に成功。6月30日から日本一周に出発し、ブログやSNS、YouTubeチャンネルを通して、旅の様子を随時発信している。

「楽しまなあかんっていうことですね!」

「クラファンの募集ページによると、ゆたぼんは『不登校の子やその親御さんたちと直接会ったり、いろんな人たちと会って学びながら、多くの人たちに元気と勇気を与えたい』という思いから、このプロジェクトを始動させたそうです。

『ゆたぼんスタディ号』とは、その名の通り≪勉強をする車≫で、この日本一周自体を“勉強”と捉えているんだとか。当初公開されたイメージ図を見ると、車内には机とソファ、サンドバッグが設置されており、ここで全国各地の不登校児を中心に、さまざまな人たちと交流するのだろうと予想されました」(芸能ライター)

 しかし、動画「【東京編】ゆたぼんスタディ号で日本一周スタート〜1/47」を確認すると、スタディ号の内部は、「イメージ図よりずいぶん狭い印象で、サンドバッグとソファ、戸棚は置かれているものの、机はなし。特に気になったのは、窓もエアコンもない点です。平年より厳しい暑さとなっている今夏、とてもじゃないけれど、この車内で何かをするなんてことは考えられない」(同・前)という。

 そして、実際に旅の様子が公開されると、今回の日本一周が、不登校児に会うことではなく、各都道府県の観光地をめぐり、クラファンの支援者たちにご飯を奢ってもらうことがメインの“お遊び旅行”であるという実態が明らかになってきたのだ。

「例えば、東京の次に訪れた神奈川の動画で、ゆたぼんは『湘南サドベリースクール』というフリースクールを見学したと報告し、≪みんな自由で最高でした!≫と感想を語っていましたが、子どもたちと交流する映像は一切なし。

 その後は、“迷惑系YouTuber”のへずまりゅうらと、横浜中華街で中華料理に舌鼓を打ち、『よこはまコスモワールド』でお化け屋敷や大観覧車などのアトラクションを楽しんでいました。クラファンで100万円を支援した赤汁王子から、≪今日は何を学んだ?≫と訊かれると、≪楽しまなあかんっていうことですね!≫と笑顔を見せていたものの、不登校児との交流はどうしたと、ズッコケた視聴者は多かったのでは……」(同・前)

 続いてやって来た千葉の動画では、元プロボクサー・西島洋介とマルチタレント・アンナのスポーツバー「an」に来店したゆたぼん。以前から親交のあるアンナに、店の人気メニュー「チャンピオンバーガー」をふるまわれ、≪3150(サイコー)!≫とカメラに向かってポーズ。

 翌日には、成田山新勝寺にも足を運び、御朱印をゲットしていた。またブログやTwitterでは、アンナ宅でBBQを行ったことや、クラファンの支援者に鰻の名店「上町菊屋」に連れて行ってもらったこと、さらには「成田ゆめ牧場」でソフトクリームを食べたことも報告している。