日本のワードが世界でトレンドとなっている。

「TBS系ドラマ『オールドルーキー』が3週連続で視聴率2桁をキープしています。主演の綾野剛さんが、“ガーシー”こと暴露系YouTuberの東谷義和氏のターゲットとなり、参議院選挙でもNHK党の立花孝志党首も話題に挙げるなど、さまざまな意味で注目度が高いドラマ。初回はTwitterでも世界トレンド1位に入っていました」(テレビ誌ライター)

日本は世界2位のTwitter大国

 たびたび目にする“世界トレンド1位”というワード。どういったものなのか。

「最近のドラマではTBS系『マイファミリー』やテレビ朝日系『捜査一課長』、『未来への10カウント』、NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』なども世界トレンド1位を獲得。ドラマ以外では、那須川天心と武尊が対戦した格闘技イベントの『THE MATCH』やVTuber・キズナアイのラストライブも世界トレンド1位になっています。Twitter社のホームページによると、“ここ数日や今日1日で話題になったトピックではなく、今まさに注目されているトピックが選び出される”とありますが、詳しい仕組みなどは明かしていません」(同テレビ誌ライター)

二宮和也が父親役に挑戦することでも話題の日曜劇場『マイファミリー』。平均視聴率は民放トップだった(公式HPより)

 世界的に使われているはずのTwitterで、これだけ日本のワードが1位になるのはなぜなのか。SNSに詳しいウェブメディア評論家の落合正和氏に話を聞いた。

そもそも、日本は月に1回以上はログインする月間アクティブユーザーの数がアメリカに次いで2番目に多い。なので、日本人が盛り上がると、必然的に世界トレンド1位を取れます。日本はアメリカ人が認めるTwitter大国なんです