「僕たちの夢は、世界一のスターになることです!」

 7月13日、アメリカの人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント(AGT)』に出場したTravis Japan。ステージから流暢な英語でそう呼びかけると、大歓声と拍手が沸き起こった。

「彼らのオリジナル曲である『夢のHollywood』を英語バージョンで披露しました。観客は大興奮でスタンディングオベーション。アカペラの歌唱とキレキレのダンスは、会場にいた人の心をつかみ、3人の審査員も絶賛でした」(音楽ライター)

成功が肩書きになるのはもったいない

『AGT』ではアクロバットも披露し、観客を熱狂させた(番組公式ユーチューブより)

 Travis Japanは“トラジャ”の愛称で親しまれるジャニーズJr.の7人組グループ。マイケル・ジャクソンの振り付けも務めたトラヴィス・ペイン氏が'12年に選抜したメンバーで結成された。

「“武者修行”のため3月下旬に渡米。現地で共同生活をしながら、語学やダンスの練習に勤しんでいます。日本での活動を休止して“本場”で技術を磨くなか、AGTでのパフォーマンスは幸先のいいスタートになりました。ただ、7月19日にはメンバーの吉澤閑也くんが体調不良で活動休止するとの発表もありました」(スポーツ紙記者)

『AGT』ではアクロバットも披露し、観客を熱狂させた(番組公式ユーチューブより)

 デビュー前ながら米国で結果を残した。“凱旋帰国”すれば熱狂的な歓迎を受けそうだが、ファンの間では“帰国しなくてもいいのでは”という声が上がっているという。

AGTでの成功が“単なる肩書になってしまうのはもったいない”というんです。アメリカ向きの世界観も掲げているのに、日本ではアイドルの“色眼鏡”で見られてしまいますからね」(前出・スポーツ紙記者)