《大阪王将仙台中田店あるある 大きな冷蔵庫の扉と扉の隙間にナメクジ大量にいる》

 大手中華料理チェーン『大阪王将』の仙台中田店でナメクジやゴキブリが大量発生している──ツイッターで元従業員による告発が世間を騒がせている。7月24日にツイッターにナメクジだという写真を投稿。その後も告発が連投された。

 ツイッターによれば、生卵を割る鍋にも付着しており、天津飯はそこで割られた卵で作られていた。使っていない洗濯機の下には、ゴキブリが住み付き、冷蔵庫の下にはウジムシが発生して、ハエが飛んでいた。同店の店長にナメクジのことをLINEで伝えたところ、「ザルにもいるから気をつけて」とのみ返信があった……そんなにわかに信じがたいような証言の数々。元従業員はひとりで清掃を行ってきたのだという。

 25日にはYouTube動画も投稿。動画では、ナメクジをどのように“始末”してきたのかを明かしている。

証拠写真は「無限にある」

今年3月4月から暑かったんですけど、そこからナメクジがやばくて。本当に。ナメクジを退治するときにいったん塩かけて弱らせてから外に持っていってガスバーナーで焼いてから、ナメクジが通ったルートを除菌するっていう作業をずっとやってた

 すぐさまネットは炎上。行政も動く事態に26日に仙台市の郡和子市長は定例記者会見を開き、前日に保健所が店舗に立ち入り検査したことを明らかにした。27日には大阪王将の公式サイトで保健所による調査結果を公表。今回の調査ではナメクジなどは見つからなかったものの、「外部からの侵入があった」と認め謝罪した。

『大阪王将』の不衛生ぶりをを告発した元従業員が投稿したツイート。証拠画像はたくさんあると主張していて…

 しかし、その後も告発は終わらない。27日にも『めざまし8』(フジテレビ系)がこの話題を取り上げた。

「告発している元従業員は『大阪王将』を経営するファイブエム商事の元社員で告発前日の23日に退職届けを出したといいます。辞める際に『この実態を晒す』と言い放ったんだとか。彼は証拠写真は『無限にある』としており、今後も徹底抗戦を仕掛けるかたちでしょう」(スポーツ紙記者)

そんな元社員のツイッターのプロフィール欄には《大阪王将と餃子の王将は一切関係ありません》と記載されている。そう、“名前が似ている”大手チェーン『餃子の王将』が風評被害を受けているというのだ……。