「こんにちは!」

 まさか自分を待ち伏せ中の男とは思わず、同級生と連れ立って帰宅した9歳女児は、礼儀正しく挨拶したという。なぜならば、住んでいる集合住宅の敷地内だったから。

 男は内心、狼狽したに違いない。それでも躊躇することなく、鬼畜の所業に取りかかったのだから許しがたい。

 その男は大阪府吹田市在住の病院職員・柳本智也容疑者(26)。

 今年の5月中旬、府内の集合住宅で小学校から帰宅した冒頭の女児A子さん(9)のあとをつけて同級生B子さん(9)ともども部屋に押し込み、いずれも13歳未満であると知りながら性的暴行を加えたり、裸を撮影するなどした疑い。

 府警捜査1課は7月22日、強制性交等、強制わいせつ、住居侵入容疑で逮捕した。

「待ち伏せしたのは集合住宅の共有エリア。A子さんが玄関ドアをカギで開けて部屋に入った直後、うしろからB子さんも室内に押し込み、部屋に侵入。ふたりに目隠しをした上で全裸にし、裸体を撮影するなどわいせつな行為におよんだ。撮影は“口止め”目的ではなく、撮ることじたいが目的だったのではないかとみて調べている」(捜査関係者)

 おぞましいことに、柳本容疑者はA子さんの身体を舐めたりしているという。

 警察は女児の家族から通報を受け本件の捜査に着手。しかし、容疑者を割り出すのはたやすいことではなかった。

「防犯カメラに映りにくい場所を選んで動いていたからだ。犯行現場周辺の画像を調べると、どのカメラにも容疑者そのものずばりの姿は映っていない。細かく丹念に見直し、画像の片隅をサッと横切る影をとらえ、そうした点から次の点をたどり、姿がしっかり映っている場所まで線でつなげていった。死角に近いルートを選択をしていたとみられる」

 と前出の捜査関係者。

 割り出しができたのは、被害女児らが容疑者の特徴を覚えていたから。

「目隠しされる前に目撃した姿を忘れていなかった。例えば水色のシャツにカバン、そうした記憶によって容疑者を特定できた」(捜査関係者)

 犯行現場までの移動には、黒色のスポーツタイプの電動アシスト付き自転車を使用。容疑者宅は高台にあり、周辺は坂道が多い。体力に自信がなかったのか、あるいは逃走スピードを考えたのか。自転車はすでに警察に押収されている。

 現場周辺の防犯カメラに細心の注意を払い、犯行前後の足取りを追えないようルート工作する姿からは臆病で緻密な素顔がちらつく。