誤送金騒動が急展開を見せている。1日、山口県阿武町で起きた誤送金で逮捕されていた田口翔被告が保釈されたのだが、

「その資金提供を行ったのが、YouTuberのヒカルさんでした。彼は自身の会社で被告を雇用し、山口県内で働けるようにリモートでできる仕事にするとも。さらにこの意外すぎるホワイトナイトは被告の独占インタビューを自身のYouTubeチャンネルで配信。話題をさらいました」(スポーツ紙記者)

 騒動の発端は、今年4月。新型コロナウイルス感染症対策のひとつとして生活困窮者への支援が行われたのだが、そこであり得ないミスが起きる。

「1世帯につき10万円の補助金が配られるのだが、阿武町役場の職員のミスで1世帯に4630万円を振り込んでしまった」(全国紙社会部記者)

 つまり、事務手続きの際の手違いで本来の補助金とは別に、対象のうち1世帯に合計額相当を二重振込してしまったのだ。役場は直ちに誤送金した同県同町に住む田口翔被告に連絡し返金を求めるも、彼はそのまま姿をくらましてしまう。

「その後、被告は弁護士を立てて現れ、“金はネットカジノでほとんど使い切った。返せない”などと主張。被告の身勝手な言い分に批判が集まりました」(同・社会部記者)

 田口被告とともにネットで叩かれたのは、ミスをしたと疑われた新人職員Aさんだった。

新人職員Aさんは顔写真を晒されて…

「あとからフロッピーディスクを使って振込先のデータを金融機関に渡していたことも発覚。この時代錯誤な阿武町役場の体制が火に油を注ぎましたね。新人職員Aさんが大炎上、名前や顔写真などの個人情報がネット上に晒される事態に」(前出・スポーツ紙記者)

山口県阿武町役場

 事実無根の書き込みなどで当時、Aさんやその家族は心身の疲弊を訴えていたという。そもそも、なぜAさんがミスをした職員だと疑われたのか。阿武町の住民はこう話す。

「騒動後に行われた住民説明会で、中野貴夫副町長が“Aさんは誤送金の手続きには関わっていない”とはっきり言っていました。ただ“振込先の書類を金融機関に持っていった”のはAさんだとも。それで噂が広がったんじゃないかな」

 問題の原因は花田憲彦町長にある、とは別の住民。

「“Aさんは手続きには関わっていない”と花田町長はまだ明言しておらず、なぜか有耶無耶にしているんです。また阿武町役場の広報誌には新人職員Aさんは配属から1か月も経たないうちに異動したことが掲載されているため、いまだに疑惑が晴れない。今も阿武町役場に勤務しているAさんにとって、厳しい状況は今も続いていると思います」

 Aさんにとってのホワイトナイトは、花田町長か−−。