「残りたいかというより、やることをやるしかないですし。どこにいても、何をやるかは変わらないので」

 日本時間の7月29日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は試合後の取材で淡々と、されど力強く語っていた。そして8月3日の午前7時、メジャーリーグのトレード移籍は期限を迎え、“二刀流”のスーパースターはチームに残留することが決まった――。

「メジャーにおける夏のトレード市場では、下位に低迷している球団が上位進出を狙う球団に主力を引き渡し、代わりに若手有望株を獲得してチームの再建を目指すのが定番。現在地区4位に位置するエンゼルスについては、“大谷選手をトレードに出すのではないか”という報道が相次いでいましたが、期限内にトレードが成立することはありませんでした」(スポーツ紙記者)

 チームの成績は振るっていないものの、投打における獅子奮迅の活躍ぶりで多くの球団から熱い視線を注がれていた大谷。移籍話が飛び交ったのも当然だが、最終的にはチームを離れることなく今シーズンを戦い抜くことになり、エンゼルスも安心……と言いたいところだが、早くもこんな話が。

来シーズンのオフにはFAの可能性

「大谷選手は、今シーズンでエンゼルスとの2年契約が終了します。来シーズンのオフには全球団との契約が可能なFA(フリーエージェント)となるため、エンゼルスと大谷選手の間での契約延長の交渉がまとまらなかった場合は、今シーズン後のオフに再びトレードの話題が飛び交うことになるでしょう」(同・スポーツ紙記者)

 絶大な価値を誇る大谷を抱え続けるのは、簡単なことじゃないようだ。それでも今回のトレード市場での流出を免れたエンゼルスと、大谷について、スポーツライターの梅田香子(ようこ)さんはこう語る。

「大谷選手は今、打率は少し低いもののホームランは打てる。それ以上に上位球団から注目されたのが、投手としての活躍です。8月2日時点で防御率2.81、勝利数も10勝目前まで迫っていたピッチャーに、トレードの申し込みが来ない訳ありません。それでも、エンゼルス側はすべて断ったということですね」

 将来有望な選手を複数獲得してのチームの再建より大谷を選んだのには、こんな背景も。