来年公開される劇場版『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に杏が出演することが発表された。

「杏さんは新たに設立された精鋭医療チーム『YOKOHAMA MER』のチーフドクター役を演じます。6月中旬から7月まで横浜市内を中心に撮影を行い、すでにクランクアップしています」(TBS関係者)

 今夏、子どもの小学校入学に合わせてフランスに移住すると報じられてきた。

元夫の東出昌大さんの不倫報道のことで、子どもたちが嫌な思いをしないように、海外移住を決意したといわれています」(スポーツ紙記者)

 放送中の月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)は前倒しで撮影が進められ、6月にクランクアップ。そのため、当初は7月には移住するといわれていたが……。

「『TOKYO MER』の撮影が7月末までには終わると聞いて、オファーを受けたそうです。8月中に移住をすれば、9月から始まる海外の小学校の新学期には十分間に合いますからね。国内で行う仕事はいったん終わらせて、準備を進めていたようですね」(芸能プロ関係者)

 しかし、ここにきてフランス行きに暗雲が立ち込めているようで……。

感染症の流行と記録的な熱波が影響

今春からフランスで感染症であるサル痘が流行。感染者の半数が、杏さんが移住予定のパリを含むイル・ド・フランス圏に集中しています。加えて、ヨーロッパは記録的な熱波に襲われており、フランスでは各地で40℃超えの猛暑が続いているんです」(前出・スポーツ紙記者)

 相次ぐ緊急事態により、フランス行きを延期することも検討しているようだ。

「所属事務所も杏さんのことを公私共にバックアップしており、今夏の渡仏に合わせて仕事の調整などを入念に行ってきました。渡仏後は仕事が入ったときだけ、杏さんが1人で帰国する方向で話がまとまっていたといいます。しかしこのところのヨーロッパの異常事態を鑑みて、年単位でフランス行きを遅らせることも検討中みたいですよ」(前出・芸能プロ関係者)

 所属事務所に、改めて海外移住について確認したが、

「渡仏のことも含め、こちらでは把握していない」

 とのことだった。

「杏さんは演技面などの実力だけでなく、好感度も高いですからね。渡仏が遅れるのであれば、今からでもオファーしたいドラマ・映画関係者は多いと思います」(制作会社関係者)

 渡仏の延期は残念だけど、子どもたちの安全を考えたら、しばらく日本で活動を続けるほうが得策かも?