9月1日発売の『週刊新潮』(9月8日号)が衝撃の写真を掲載した。

 同誌が前号で報じた、香川照之によるホステス女性への性加害疑惑の追報で、女性が在籍する銀座クラブのママに対する“暴行”の様子を収めた写真だった。

「なんでも香川さんが行為に及んだのは2019年7月5日のことで、ホステスはブラジャーを剥ぎ取られて、その匂いを嗅がれたり直に胸を弄ばれたというのが概要。

 この直前に被害に遭っていたのが、セットした髪を撫で回されてクシャクシャにされたというママ。その際に、勝ち誇ったように片手でママの髪の毛を掴み上げた香川さんが、まるで記念写真に応じるかのように撮られているのです」

 と、スポーツ紙芸能デスクが解説するように、写っていたのは、後ろから髪の毛を掴まれて項垂れるように下を向く女性と、笑顔を浮かべるスーツ姿の香川。どうやら抵抗することなく、されるがままの女性がママのようだ。

 周囲には他のホステスが席につく中で晒されるように、“おもちゃ”のようにぞんざいに扱われた彼女の精神的苦痛は計り知れない。これも立派な“暴力”行為に映る。

香川が《鬼の形相》で笑った

 そして香川の顔である。目を見開いて口元を歪ませてシワを深くして笑う、狂気に満ちたような表情は、前日に速報を配信した『デイリー新潮』が称していた《鬼の形相》のまさにそれ。

 第一報後の『THE TIME,』(TBS系)にて、神妙な面持ちで深々と頭を下げて謝罪した人物とは同一とは思えない“顔”。これも名優のなせる技なのか。

「全くもって擁護できませんが、昂っていた時期だったのかも」とは、民放ドラマを手掛ける制作会社スタッフ。どういうことかーー。