9月10日に『文春オンライン』によって報じられた巨人・坂本勇人の女性問題がネットを騒がせている。

 2年以上前に知り合い、深い関係にあった20代女性の友人が所業を告発したもの。たびたび避妊具なしの肉体関係を求め、妊娠が発覚するとあっけらかんと中絶を求めたという。女性はショックでみずから命を絶とうとしたとも。大きな話題になったのには、中絶を求めた際の音声が公開されたこと、坂本から女性に送っていたという“奔放な”LINEメッセージのスクリーンショットが流出したという要素が大きい。特にLINEはその驚きの内容が大きく拡散されてしまった。

《おくちにいれたい おえおうさせたい》

《髪もひっぱりたい。だめ?》

 これまでも坂本の奔放な女性関係は何度も報じられてきた。宮崎キャンプの最中にキャバクラ勤めの女性を宿舎に呼び寄せて性行為に及んでいたことが発覚。遠征先にチームメイトらとキャバクラを訪れ、女性たちに「ゴキブリ」「ブス」と暴言を吐いていたことも伝えられた。今年6月にも『週刊新潮』がキャバクラで働く女性に対して『ホテルに一緒に帰ろう』との誘い、それが断られた腹いせに女性の肩や太ももに噛みついていた2018年の出来事を報じた。その際、550万円の示談金を支払っていたという。

古舘伊知郎もYouTubeで激怒

入団当初から野球の実力は折り紙つきでしたが遊び人でもあった4年目に寮を飛び出して以降は、夜遊びがさらにハードになった印象ですね。地方ではキャバクラなどの店で羽を伸ばし、都内では六本木あたりでよく合コンに興じていた。女性が順番待ちするほどだったといいます」(プロ野球関係者)

その甘いルックスから坂本勇人には女性ファンも多い(読売巨人軍 日本シリーズ優勝パレード2012年)
その甘いルックスから坂本勇人には女性ファンも多い(読売巨人軍 日本シリーズ優勝パレード2012年)

“紳士たれ”を標榜する巨人軍のキャプテンでありながら、夜の顔を度々のぞかせてきた坂本。今回の報道で生々しいLINEのやりとりが流出、これまでの“女遊び”とは異なる質の行動に世間からも非難の声があがったが、全くといっていいほどお咎めはない。先日“性加害”報道が出た香川照之などはCMや出演作が次々と契約解除になったのだが……。

 9月13日にはフリーアナウンサーの古舘伊知郎がYouTubeチャンネルを更新。《「巨人軍、坂本勇人選手の女性報道。古舘が物言う!テレビ新聞は全スルーの事実。マスコミ報道の信用問題」》とのタイトルで、マスコミの報道姿勢についても疑問を呈した。