9月上旬の深夜、東京・新宿二丁目のゲイバーにテンションの上がった1人の女性の姿が――。

「離れて座っていたので、詳しい会話は聞きとれませんでしたが、かなり酔っ払っていました。なんだかストレスを発散しているようにも見えましたね」(居合わせた客)

 その女性は、爆笑問題の太田光の妻で、芸能事務所『タイタン』社長の太田光代氏だった。

「バーでは、人気ユーチューバー“カマたく”さんの話をしてましたね。ゲイバーの現役店員で、キレのいいお悩み相談の動画が人気なんです。所属事務所のライブに彼を呼びたいらしく、熱っぽく話していましたよ。2時を回ったころに、カマたくさんが勤務するお店に行くと言って出ていきましたが、足元はフラフラでした」(同・居合わせた客)

 光代社長がハメを外したくなったのは、ここ最近、夫の周りで起こった問題に心を痛めていたからかもしれない。

「太田さんは、自身がMCを務めるTBS系『サンデージャポン』の8月28日放送回で、かねて話題になっている世界平和統一家庭連合(旧統一教会)について持論を展開。“教え自体が間違っているとは誰も言えない”“統一教会は反社だって確定するんですかって、僕は岸田(文雄)さんに聞きたい”といった発言をしたところ、“旧統一教会を擁護している”と、ネット上で大炎上。ツイッターではハッシュタグ『#太田光をテレビに出すな』がトレンド入りしました」(スポーツ紙記者)

 そんななか、太田の所属事務所は9月14日に公式サイトを更新。“今後は、SNSを通じて寄せられている誹謗中傷へ厳格な対応をしていく”と声明を発表したのだった。

泥酔の真相を光代社長本人が語った

 やはり、今回の件が背景にあったのだろうか。声明が出された翌日、光代社長に電話で話を聞いた。

――新宿二丁目で泥酔していたのは、太田さんの発言が炎上したストレス?

「まったくそういうことではないです。単純にお知り合いの記者とお食事に行き、情報収集のためゲイバーに向かっただけの話です」

――誹謗中傷に対して法的措置を取ると決めたのは、社長の意向ですか?

「はい、私の意志です。事務所の全タレントに対して発したつもりだったんですけど、圧倒的に太田に対してだと思われていて、人気あるじゃんって思っちゃいましたね」

――炎上の件で、光さんはかなり参っている? 

「そんなには参ってないですよ。ここ連日いろいろ噂がたちますし、日々うちのには叱っているんですけどね」

 夫婦ともどもメンタルは強いみたい。でも、炎上が続くようなら“カマたく”に相談してみるのもアリ!?