日本時間の9月15日、アメリカのイリア・マリニンがフィギュアスケートの『USインターナショナルクラシック』のフリースケーティングで、4回転アクセルを成功させた。

羽生結弦選手が今年2月の北京五輪で挑戦したことも記憶に新しい超大技です。マリニン選手は演技冒頭のジャンプで4回転アクセルを見事に成功させると、その後も難易度の高いコンビネーションジャンプばかりの構成に挑み、ショートプログラムの6位から逆転優勝となりました」(スポーツ紙記者)

結弦が土下座をして謝った

 羽生なき後の競技会をけん引する存在になりそうだ。一方羽生はプロ転向後、メディアに積極的に出演している。『テレビ東京スポーツ』のYouTubeチャンネルでは、7月19日に行われたプロ転向会見の約2時間後の独占インタビューの様子が、全3回にわたって公開。そこで羽生の口から語られたのは、衝撃の内容だった。

「中学校1年生のときに、自分がやめたいとかではなく周りに“もうやらなくていいよ”と言われたことがありました。(中略)もちろんスケートが好きなことは好きだけど、好きとかそういうもの以前に自分のやってきたものがすべてなくなってしまうと思って怖くなって、“どうしたらいいんだろう”と訳がわからなくなったことが1回ありました。そのときに、土下座しながら“お願いします。やりたいです”と言ったのが、自分の中では一番大きな選択だったと思います」

 小学生の羽生を指導していた都築章一郎コーチが、

「お母さんに怒られて、結弦が土下座をして謝ったという話を聞いたことがあります」

 と、『週刊女性』に明かしてくれた。幼い羽生やその母にとって、“土下座”は重い出来事だっただろう。

「羽生選手は、小学校の高学年にはすでにその頭角を現していました。'04年の全日本ノービス選手権ではノービスBで優勝、'05年は2位で、区分がノービスAになった'06年は3位、土下座をしたという中学1年生で出場した'07年の全日本ノービス選手権では優勝しています」(スポーツ紙記者)