プロ野球選手妻の“マウント意識”

西武ライオンズ・源田壮亮選手と衛藤美彩(公式インスタグラムより)
【写真】結婚、出産後も誰もが羨む投稿を続けていた源田の妻・衛藤美彩

 この時の山田選手の年俸は、源田選手の10分の1にも満たない額。すでに1億円プレーヤーとして大金を稼いでいたライバル選手夫婦と、自分たちを比較していたのかもしれない。そして2022年1月に男の子を出産したことをインスタで報告した衛藤は、幸せそうに寄り添う母子の写真を投稿する。

 前出のスポーツ紙・野球担当記者は「それこそ、A子さんの中で取れていた“マウント”が崩れていったのかもしれない。年俸に大きな差が出るプロ野球選手の妻は、“格差”がハッキリとでやすい」と事情を明かす。

「出産してからも息子の幸せそうな成長記録と共に、自身もまた現役の芸能人とて撮影の仕事をこなし、美容院帰りを報告したり、さらにはインフルエンサーとして化粧品画像も投稿していた、生活に余裕が見えるスター選手の妻。

 片や、A子さんはインスタに息子の写真を投稿しながらも、夫が出張で家を空けることが多い生活に“寝られない。しんどい”“ワンオペ育児大変だ”などと不満をこぼしていたと言います。同じライオンズの選手の妻なのに、芸能人妻なのに、インスタで華やかなキラキラ生活を披露していた衛藤さんに、どこか逆恨みのような感情を抱いてしまったのではないでしょうか」

 報道を受けて、あらためてインスタで経緯の説明、事実内容を正すと共に《当該選手から野球を奪わないで欲しい》と、山田選手の今後を案じた源田選手。ファンは再び彼らの連携をグラウンドで見たいであろうが、どうなることか。