「虐待された子はひとりっ子やと思っていたけど、上に女の子がおったんや。2人ともほとんど見たことなかったけど……」

 と、近隣住民は目を丸くした。

 19日、奈良県警捜査一課と同県警高田署はとび職で父親の南畑優冶容疑者(25)を、1歳の次女への傷害の疑いで逮捕した。

1歳次女の太ももを踏みつけて骨折させた

「犯行は今年の4月8日ごろから13日までのあいだ。南畑容疑者は自宅などで次女の太ももを踏みつけるなどして骨折させて全治3か月の大怪我を負わせた」(全国紙社会部記者)

 4月13日、容疑者が次女を病院に連れていったのが発端だった。

「容疑者は“次女はベッドから落ちた”と説明したのですが、病院が不審に思い、児童相談所を通じて警察へ通報したことから事件が発覚したのです」(同・社会部記者)

 警察の取り調べに対して南畑容疑者は、

「泣きやまないから、イライラして蹴ってしまった」

 と容疑を認めているという。かわいい盛りの、わずか1歳のわが子を虐げた父親とは、いったいどんな人物なのかーー。