あの『男闘呼組』が29年ぶりに活動を再開した。次は『光GENJI』も……!?

 キーマンとなる元メンバー・大沢樹生にズバリ、再結成の可能性を尋ねた。

「期待する気持ちはわかります。男闘呼組はカッコいいですよね。メンバーそれぞれが、いい年の取り方をしていて」

ジャニーさんに「辞めたい」と電話

 大沢は、穏やかな表情で話す。スーパーアイドルとして喝采を浴びていた若き日を思い出しているのだろうか。

「姉がジャニーズ事務所に応募書類を送ったのは、小学生のとき。野球や水泳をやっていて運動は好きだったけど、芸能界には興味がなかった。学校イチのワルで(笑)、仲間と別れさせるため、文京区の公立中に越境入学させられたのですが、そこでもトラブって出戻り。でも本来行くはずの中学校が“満タン”で、敵対していた中学に入学したら、すぐトイレに呼び出されましたね(笑)」

 やんちゃな子どもだったが、'82年にジャニーズに入所後まもなく、内海光司、中村繁之と『イーグルス』を結成。

「ほかのメンバーよりも2つ下だったし、レコーディングのときも1人だけ変声期を迎えていなかったので、俺の声はうっすらしか入っていないんじゃないかな(笑)。年下でも負けてなかったですよ。“口答え大魔王”って言われていましたから(笑)」

 中村繁之がソロデビューしてから“自然消滅”し、'85年からはNHKの音楽番組『レッツゴーヤング』内で活動する『サンデーズ』のメンバーになる。

「長山洋子、保阪尚希がいたので、いま考えると当たり年ですね。サンデーズは“ソロデビューの登竜門”と言われていましたが、残念ながらそれは叶いませんでした」

 17歳になり、ジャニー喜多川さんに“辞めたい”と電話する。

そうしたら“ユー、ローラースケートやりな”って。ドラマには出ていましたが、また“先輩のバック”に戻されてしまっていたので、これがラストチャンスだと思ったんです。光GENJIとして、'87年8月19日に地方キャンペーンを3か所くらいやって、集まった観客は150人くらい。でも『夜のヒットスタジオ』に出た後、その週末の大阪に何万人が来たんです」