ニューハーフタレントとして演芸や歌謡ショーなどで活躍。妖艶な美貌とドスのきいた声のギャップが魅力のカルーセル麻紀さん(79)。60代から患っている病気と付き合い続け、80歳を目前にしてもなお、自分らしい生き方を貫く様子を紹介したい。

脳梗塞で救急搬送されるも後遺症なし

 カルーセルさんが脳梗塞で救急搬送されたのは2020年4月30日のことだった。

「医師から脳卒中の警告をされていたのに、自分に限っては大丈夫だと過信していたのよね」と雑誌のインタビューで振り返るカルーセルさん。実は60代半ばから右足のふくらはぎに異常を感じるようになり、2011年に「閉塞性動脈硬化症」と病名が告げられていた。

 閉塞性動脈硬化症とは、足などの血管が動脈硬化により狭くなったり、詰まったりする病気。カルーセルさんは左足にも発症するなど再発を繰り返し、6回もカテーテル手術を受けたという。

喫煙に好きなお酒、イケメンが命の糧に

「りんくう総合医療センター」で循環器内科部長を務めていて、動脈硬化症が専門の増田大作医師に、血管の健康について聞いた。

「カルーセル麻紀さんが2020年に発症した脳梗塞も、その9年前に発症した閉塞性動脈硬化症も、場所は違いますが、どちらも血管が詰まることで起こるので〝血管病〟ということができます。現在の日本人はおよそ4人に1人がこの血管病で亡くなっているので、血管を健康に保つことはとても大事です」

 足の血管が詰まるたびに治療をしてきたカルーセルさん。なぜ何度も同じような血管の病気になったのだろう。

「偏った食生活や運動不足などの生活習慣に加え、喫煙も動脈硬化のリスクを高める要因です」(増田医師、以下同)