元AKB48の篠田麻里子(36)の別居が報じられてから、早くも3か月程が経過した。すでに双方は離婚調停を開始しているという報道もあるが、現在に至るまで篠田は自身の口からこの件については一切説明しておらず、世間やマスコミ関係者にとっても「謎」ばかりの状況が続いている。

 そんな中、離婚を巡る裁判とはまた別の“訴訟沙汰”が発生していることが、『週刊女性PRIME』の取材で判明した。

篠田の夫が泥沼の金銭トラブルへ

 篠田は2019年2月、3歳下の夫・高橋勇太氏との結婚を発表。当時は「一般人男性」と紹介されていたが、高橋氏はドッグフードの開発・販売を手掛けるペットブランド「HITOWAN」を起業した実業家で、東京・代官山にある実店舗や自身のSNSでも、積極的に情報発信を行っている。

「結婚当初は顔もプロフィールも明かされなかった高橋氏ですが、21年2月放送の篠田さんが出演したバラエティ『ダンナの昼顔』(TBS系)では、『謎の美女と密会』という内容のVTRに顔出し出演。その内容は不倫を予想させる展開でしたが、謎の美女の正体は『HITOWAN顧問の女性獣医師だった』というオチで、視聴者からは『ダンナの宣伝かよ』などと突っ込まれていました」(芸能ライター)

 その後は篠田のYou Tubeチャンネルにも出演するなど、おしどり夫婦そのものに見えた両者だったが、初のスキャンダルが今年8月に『女性セブン』(小学館)で報じられた。高橋氏は篠田の“夜遊び”から不倫を疑い、大げんかの末に2歳の長女を連れて、ついには3人で暮らす自宅を出てしまったという。

「同誌の直撃に、高橋氏は妻の不貞を疑ったことについては否定しませんでした。一方の篠田さんは、浮気の疑惑について所属事務所を通じて『事実無根で完全に否定させて頂きます』とだけ回答し、別居や離婚については『事実確認中』と明言せず。

 その後、篠田さんのSNSは仕事の発表や日常などの投稿が続くばかりで、ネット上は『なぜ何も説明しないのか』『もう子どもは要らなくなったの?』など、篠田さんに対する批判で溢れかえっています」(同・前)

 篠田の真意すら不明のまま時が過ぎている状況だが、新たな展開は家族トラブルの解消ではなく、高橋氏が社長を務めるHITOWANが「訴訟される」というものだった。

「HITOWAN立ち上げ時から、商品開発やコンサルなどで提携関係だった獣医師が、11月14日にサイト上でHITOWANに対する訴訟提起を発表しました。この8月には提携の解消も発表されていたのですが、やや時間を空けて『顧問料等の請求』での訴訟ということで、双方の間で泥沼の金銭トラブルが発生してしまっているようです」(HITOWAN関係者)