『EXITのベルギー行ったらモテるやつ』のMCを務めるEXIT
『EXITのベルギー行ったらモテるやつ』のMCを務めるEXIT
すべての写真を見る

 国民に夢をみせてくれた『2022 サッカーワールドカップ カタール大会』での日本代表たちの躍動。その感動からまだ醒めない人も多いのではないだろうか。

 クロアチアに敗退、惜しくもベスト8に届かなかったもののドイツ・スペインといった強豪を相手にジャイアントキリングを決めた今大会は、確実に日本サッカーの歴史を塗り替えたといえよう。

 オ〜! ニィッポ〜ン! ニィッポ〜ン! ニィッポ〜ン! ニィッポ〜ン!

 今も“ニッポンコール”が頭から消えないあなた。そして、今回のW杯でサッカー選手という生き物の魅力にどっぷりハマったあなたに見てほしい番組がある。それが『EXITのベルギー行ったらモテるやつ』(『テレビ東京』毎週土曜23:30~)だ。
 
『ベルモテ』と略されるこの番組はなんと、“サッカー選手を主役に据えた”斬新かつチャレンジングな新番組なのである。

 多くの日本代表選手を輩出しているベルギーリーグ。そのなかで日本人選手も多く在籍する『シント=トロイデンVV』に注目、“バイブス爆上がり”な最新情報をお届けしようというのが同番組の趣旨だ。

ピッチでは見せない“新たな一面”

『シント=トロイデン』といえば、元日本代表の香川真司、岡崎慎司といった日本が誇るレジェントプレイヤーをはじめ、日本代表GKのシュミット・ダニエル、東京五輪代表の福岡大樹、林大地と、日本人選手が5名も在籍するクラブチーム。カタールW杯の日本代表として活躍した鎌田大地、遠藤航、冨安健洋も所属していた名門クラブチームだ。

 そんな『シント=トロイデン』と『テレ東』がタッグ。人気芸人のEXITがMC務め、週ごとにさまざまなゲスト登場するこの番組は、選手たちの魅力がふんだんに伝わる企画が目白押しとなっている。

 たとえば、第2回放送(10月8日)では、香川真司・岡崎慎司の両名が彼らの住む「ベルギーに来た人全員に勧めたいスイーツ」を紹介。ふたりが『マイユー』なるご当地スイーツについて語るときの綻んだ顔は、決してピッチで見せることのない“あま〜い”表情。そんな素顔から目が離せない! と視聴者も熱狂した。

 そして、第3回放送(10月15 日)では日本代表候補の23歳イケメン・橋岡大樹にフォーカスを当てる。昨年浦和レッズから移籍したばかりの彼に密着した。

 

 現地に飛んだディレクターから「今回の撮れ高次第で橋岡選手のコーナーができるかも……」と煽られた彼は突如、趣味だというサウナに入り肉体美を披露。そして、カメラを彼女目線に見立てて、浴槽に浸かり「ここ入っちゃいなよ」とキメ顔をしてみせた。

 

 ゴーーーーーーーーーーール!!!

 芸人顔負けの立ち回りでスタジオを沸かせつつ、キリッとした表情と肉体美に女性視聴者はキュン。テレビというフィールドでも爪痕を残そうと、全力プレーが止まらない。バラエティースターとしての片鱗を見せつけた。

 VTR終わりのスタジオでは、橋岡選手がすでに自分の“冠コーナー”を見据えて10個ものコーナータイトル候補を送りつけてきていることをスタッフが暴露。EXITらは爆笑するも、ゲストで元日本代表の大久保嘉人から「まだ早い、とりあえずワールドカップに出ろ!」と手痛い一撃を喰らうのであった。

 

テレビ業界初の“実験的新番組”

 ピッチやSNSからは伺い知ることのできない新たな魅力を選手から引き出す『ベルモテ』、この番組にはもうひとつの側面がある。

 それは、番組のナレーションでも宣言しているとおり、

「サッカーとモテを融合させた実験的新番組」

 であること。

 

 そう、この番組は視聴者が“モテとは何か”を追求するというもうひとつのテーマも存在するのだ。『東京の街行く美女に“キュン”としたLINEを見せてもらう』であったり、『ウブ男がモテ男御用達のホテルを見学する』といったさまざまな企画が繰り出される。

 ゲストの平成ノブシコブシ・吉村崇からは「サッカー番組と聞いていたのだけれど……」と戸惑いをみせていたが、そこは心配ご無用。

「出演者もスタッフも手探り状態なので温かい目でご覧ください」

 そんなテロップが流れるから──。まさに実験的だ。

 すべてにおいて切り口が新しい『EXITのベルギー行ったらモテるやつ』。テレビ界の歴史を塗り替える(かもしれない)この番組を見逃す理由なんてない!