2021年5月から度重なる失踪騒動で世間を騒がせた元中日ドラゴンズ2軍投手コーチの門倉健。

「門倉さんは現役時代、中日、近鉄、横浜、巨人で活躍し、韓国リーグでもプレーました。引退後の2019年に中日の2軍投手コーチに就任しましたが、2021年の5月15日に無断で練習を欠席。財布とスマホを置いたまま行方不明になり、その翌16日には家族から捜索願が出されるという事態になりました。同月20日に球団に本人から退団届が郵送で届くと家族が本人の筆跡であることを確認したうえで受理。同月26日に退団が発表されました」(スポーツ紙記者)

 現役コーチの突然の失踪劇はテレビのワイドショーでもたびたび取り上げられた。

「2021年6月6日に自宅に戻ったと家族が門倉さんのブログで発表。同時に医師からうつ病と診断されたことも明かしていました。家族のもとに帰って、一件落着と思えたのですが、その後も計3度の失踪騒動がありました。翌7月末に自身のYouTubeチャンネルで謝罪動画をアップしましたが、現状や今後についての報告はほとんどなし。失踪理由も語られませんでしたが、一部報道によると女性関係が原因と言われています。最終的に妻のいる自宅には戻らず、離婚調停となっているようです」(同・スポーツ紙記者)

 その後、北陸地方の海水浴場にある海の家で働いていると『週刊文春』が報道したり、近畿地方で行われた少年野球の大会の始球式に登場したりと、目撃情報はあったが、どこで生活してどんな職に就いているかなど、詳しいことは明らかになっていなかった。

 2022年10月に東京スポーツで野球評論家として活動すると発表。その記事によると、2021年12月ごろから実家のある埼玉県で運送業の仕事をしているという。

門倉に聞いた現在の仕事とこれから

 ということで今年1月中旬、門倉が働いているという運送会社を週刊女性が訪ねてみると、たしかに門倉氏の姿を目撃。昼頃に自家用車で出社すると、事務所へ。倉庫の荷物整理や来客対応などの仕事を行い、時折スタッフと談笑する姿も。運送業ではあるが、トラックを運転する様子はなく、夜まで事務所で仕事をしていたようだ。

 数日後、職場から出てきた門倉本人を直撃した。

――現在の生活などを聞かせてもらえませんか?

「公式なインタビューということでしたら、今の仕事や今後のことについても話せますが、この場ではいっさい話せません」

――現在はトラックの運転手をされている?

「いや、運行管理です。これ以上は話せませんので…」

 そう言い残すと記者の名刺を受け取り、事務所に入っていった。

 失踪の真相や家族について語る日は来るのか。仕事中には巨人時代の背番号「27」が入ったシャツを着ていた門倉。日韓で103勝を挙げた現役時代を思い出して、新たなフィールドでも活躍してほしい。