芸能
2019/1/25

都道府県人気が最下位なんてもったいない!名産たっぷり「茨城県」の魅力を再発見

ThinkingDogs茨城県
週刊女性PRIME
↑目指すは茨城観光大使の座!? 『IBARAKI sense』の原田店長(写真中央)を囲むThinking Dogs。
↑左から水戸市出身のわちゅ~くん&TSUBASAくん、取手市出身の大輝くん、静岡県出身のJunくん
↑水戸銘菓・吉原殿中! TSUBASAくんは手に持っているタイプがおなじみだったそう。550円~。
茨城といえば、納豆!「いろんな種類がありますよ」と店長さん。そぼろ納豆216円
上質な笠間焼もラインアップ。美しい大皿に見入るわちゅ~くんとJunくん
和スイーツにもぬかりなし。好評の“茨城栗どら焼”はひとつ270円
“ほしいも”は茨城県民のソウルフード!?  大人気の『西野さんのほしいも』(756円)
店内奥の“BARA dining”では、茨城の美味を味わえます
IBARAKIごちそう膳(2500円)
あんこうと茨城野菜の小鍋仕立て(1800円)
「まずは、あんこうの小鍋から……!」と、TSUBASAくん&わちゅ~くん
「うん、おいしい!」バラエティ豊かな食材に感激の大輝くん&Junくん
茨城産 苺のパフェ(1600円)
茨城産笠間マロンとカシスのパフェ(1600円) ※期間限定メニュー(今は苺パフェ)
ラブラブな2人のスキをついて、そっと栗を取るわちゅ~くん(左側から伸びる手)!
「あ~ん」(笑)
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking