ライフ
2023/1/24

【こんにゃくレシピ7選】100gで5キロカロリー・糖質ほぼゼロの「こんにゃく」が、トンカツ・からあげ・焼き鳥に大変身!

料理レシピ
週刊女性2023年1月17日・24日号
こんにゃく巻き梅しそトンカツ(撮影/矢島泰輔)
[写真 1/11枚目] こんにゃく巻き梅しそトンカツ(撮影/矢島泰輔)
こんにゃくからあげ(撮影/矢島泰輔)
[写真 2/11枚目] こんにゃくからあげ(撮影/矢島泰輔)
調味料をもみ込んでこんにゃくにもしっかり下味をつける(撮影/矢島泰輔)
[写真 3/11枚目] 調味料をもみ込んでこんにゃくにもしっかり下味をつける(撮影/矢島泰輔)
こんにゃく巻き梅しそトンカツ(撮影/矢島泰輔)
[写真 4/11枚目] こんにゃく巻き梅しそトンカツ(撮影/矢島泰輔)
ねぎま風こんにゃく(撮影/矢島泰輔)
[写真 5/11枚目] ねぎま風こんにゃく(撮影/矢島泰輔)
「においを消すひと手間」臭みをとるには、板こんにゃく1枚(220g)に塩小さじ1/2をもみ込み沸騰した湯で1~2分下ゆでするのが効果的。(撮影/矢島泰輔)
[写真 6/11枚目] 「においを消すひと手間」臭みをとるには、板こんにゃく1枚(220g)に塩小さじ1/2をもみ込み沸騰した湯で1~2分下ゆでするのが効果的。(撮影/矢島泰輔)
こんにゃくとしらすのアヒージョ(撮影/矢島泰輔)
[写真 7/11枚目] こんにゃくとしらすのアヒージョ(撮影/矢島泰輔)
こんにゃく入りエビグラタン(撮影/矢島泰輔)
[写真 8/11枚目] こんにゃく入りエビグラタン(撮影/矢島泰輔)
「隠し包丁で味染みバツグン!」つるんとした表面で厚みもあるこんにゃくは、調味料が染み込みにくいのが難点。表面に格子状の浅い切り込みを入れるだけで、中心まで味が染みやすくなる。(撮影/矢島泰輔)
[写真 9/11枚目] 「隠し包丁で味染みバツグン!」つるんとした表面で厚みもあるこんにゃくは、調味料が染み込みにくいのが難点。表面に格子状の浅い切り込みを入れるだけで、中心まで味が染みやすくなる。(撮影/矢島泰輔)
こんにゃくチリソース(撮影/矢島泰輔)
[写真 10/11枚目] こんにゃくチリソース(撮影/矢島泰輔)
しらたき担々麺(撮影/矢島泰輔)
[写真 11/11枚目] しらたき担々麺(撮影/矢島泰輔)
この写真の記事へ戻る

Photo Ranking